徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

計算尺ネクタイピン

計算尺を模したネクタイピンです。

計算尺ネクタイピン
(一部焦点があってませんね。スミマセン。)

以前に同じものを入手していたのですが、メッキも錆びて今ひとつでしたが、今回入手したものはまずまず状態が良いものでした。

裏面には、「HEMMI」の刻印があります。

計算尺ネクタイピン 裏

最近、ネクタイをする機会がめっきり減ったので、ネクタイピンを使用する機会は余りありませんので、コレクションとして保管します。(^^ゞ

  1. 2017/10/08(日) 23:09:01|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE FREDRICK POST No.1461 / POCKET VERSALOG II

POST No.1461 は、既に2度ほど紹介しています。

THE FREDRICK POST No.1461 / POCKET VERSALOG (ヘンミ計算尺 1960年製造)
THE FREDRICK POST No.1461 / POCKET VERSALOG (ヘンミ計算尺 1965年製造)

今回は、Paul Ross さんのサイトで、Pocket Versalog II として紹介されている後期型のものです。

まずは、表面から、

Post 1461 Pocket Versalog II 表面

裏面です。

Post 1461 Pocket Versalog II 裏面

製造時期を示す刻印は「VF」、1971年6月 の製造です。

企業のノベルティとして配布されたのか、ケースには難燃剤?の商品名と会社名が印刷されていました。

Post 1461 Pocket Versalog II ケース

  1. 2017/10/04(水) 21:03:14|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hemmi 平スケール No.P1231

ヘンミ計算尺製の平スケール No.P1231 です。

プラスチック製の 30cm の定規です。

表面です。

Hemmi No.P1231 表

30cm の目盛りのほかに、1/2 と 1/5 の目盛りが付いています。

裏面です。

Hemmi No.P1231 裏

インクで線を引いた際のにじみを防ぐためにスケールを少し浮かすためと思われるレール上の凸が付いています。

計算尺ではないのですが、ヘンミ計算尺製なので、計算尺カテゴリーの記事にします。

  1. 2017/09/09(土) 07:18:20|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hemmi No.254WN-S

ヘンミ計算尺の No.254WN-S です。

まずは、表面から、

Hemmi No.254WN-S 表面

いつも参考にさせていただいている Paul Ross さんのサイトでは、π切断 と書いてありますが、この尺は、√10 切断です。

裏面です。

Hemmi No.254WN-S 裏面

裏面には、P尺、Q尺、Q'尺 が入っています。電気系でしょうか?

製造時期を示す刻印は XC で、1973年3月製造です。

No.254WN-S は、かなり珍しい尺のようで他に余り報告がない尺です。

  1. 2017/08/29(火) 23:55:49|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OTIS KING CALCULATOR (MODEL K) 円筒形計算尺

英国製の OTIS KING CALCULATOR の MODEL K を入手しました。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 伸長時

未使用品のようです。

黒い紙箱に入っていました。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 箱
(画像を一部加工しています。)

開封したところです。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 開封

紙に包まれた状態で OTIS KING CALCULATOR が入っていました。

本体は縮めた状態で入っています。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 収納時

本体を取り出すと、緩衝用?のダンボールがあり、その下に使用法を書いた冊子が折り畳んだ状態で入っていました。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K ダンボールと使用法説明書

使用法を書いた冊子の表紙です。

OTIS KING CALCULATOR nstruction for Use

OTIS KING CALCULATOR の片方の端には製造番号の刻印 (B3xxx) があり、箱の端に貼られた赤いラベルに手書きしてある番号と一致しています。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 刻印 OTIS KING CALCULATOR MODEL K ラベル
(画像は一部加工しています。)

使用法説明書の各部名称です。

OTIS KING CALCULATOR MODEL K 各部名称

ホルダー、カーソル、シリンダーはそれぞれ独立して動きます。(しかも非常にスムーズに動きます。)

トップとボトムのスケールには、螺旋状に尺度が刻まれており、使用法説明書によると 66インチ あるとのことです。

シリンダーの先端にはギザギザがついており、ここを持って動かすことで、ホルダー側のボトムスケールやカーソルに影響なくトップスケールを動かすことができます。

トップスケールの「1」は、「ONE」と表示されており、古いバージョンの使用法説明書では「UNITY」と記載されていました。

掛け算、割り算の計算法について、追記に記載します。

続きを読む
  1. 2017/08/09(水) 21:15:55|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (244)
ガジェット (147)
iOS (82)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (199)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: