徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ヒノキ花粉の影響?

先週末ぐらいから、鼻が痒かったり、くしゃみが出たり、わずかですが花粉症の症状が強くなってきました。(クラリチンを服用しています。)

診察の際に、先生にも報告したのですが、スギ花粉はピークを過ぎているとのことで、ヒノキ花粉の影響ではないかとのことでした。

検査の際にも、ヒノキ花粉でも数値出ていましたし。

スギ花粉症をもっている人は、かなりの確率でヒノキ花粉症も持っていると思うので、混合の薬で同時に治療できたらいいのになぁと希望しています。

  1. 2018/04/06(金) 12:12:05|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シダトレンの効果?

2月末の時点で、花粉症らしい症状は、多少目やにが多く、時々涙目になる程度で、シダトレン服用の効果が現れているように思われます。とは言っても、そろそろ本格的に花粉が飛散すると思われますので、3月からクラリチンの服用を開始することにしました。

  1. 2018/03/01(木) 09:15:31|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花粉症シーズン到来

花粉症のシーズンが到来しました。

いつもだと単なる憂鬱な3ヶ月の始まりですが、今年は若干異なります。

なぜかというと、昨年の6月にシダトレンによる舌下免疫療法を開始していますので、1シーズン目でどの程度の効果がでるのか、はたまた効果が出ないのかが確認できるので、ちょっとだけ前向きな気分でシーズンを迎えました。

例年であれば、遅くとも飛散開始宣言の前、1月の後半から内服薬の服用を開始しますが、それでも、症状が完全になくなるわけではありません。今年は、2月17日現在、内服薬の服用はしておりません。目が痒かったり、ウルウルしたり、目やにが少し出たり、時々くしゃみが出たりしますが、今のところ、はっきりした花粉症の症状は出ていません。

この時期まで内服薬無しで過ごしたことがないのではっきりとした比較はできませんが、例年は花粉飛散宣言の前からそれなりの症状があったことを考えると、効果が出ているように思います。

そろそろ内服薬を開始しようかとは考えていますが、効果を判定するためにもう少し薬無しで試してみたいような気持ちもあり、少し悩んでいます。

  1. 2018/02/17(土) 11:30:00|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シダトレン機内持ち込み

シダトレンと保冷剤を入れた氷点下シリンダーを機内持ち込み手荷物に入れたまま、保安検査を通ろうとしたら、

X線検査の後で、「水筒の様なものがありますか?」と尋ねられました。
「医薬品と保冷剤を入れた保冷容器が入ってます。」と答えたところ、
「取り出してください。」と言われ、取り出して見せました。

「開けて、匂いを嗅がせてください。」

えっ、匂いですか?薬と保冷剤なので取り出して見せられますが、、、

と、思いつつ、開けたところ、中をチラ見して、

「保冷剤ですねー。」と言った後、本当に、鼻を近づけて、嗅がれました。

今度からは、最初から、申告します。

あ、それから、匂いを確認するときは、鼻を直接近づけず、手で少しずつあおいで嗅いだ方が良いと思います。

  1. 2017/08/31(木) 08:34:49|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シダトレンを国際線に機内持ち込みしました

先日、シダトレンを保冷容器に入れて国内線に持ち込んだ際の記事を紹介しましたが、今度は、国際線に持ち込んでみました。

保冷剤は、保安検査で 100cc (= 100g) 以下であることが求められる可能性があると思い、百均で3本セットで買った 90g のブルーの保冷剤を使用しました。

シダトレンを百均の保冷剤(3本)で保冷しながら運搬しました

成田空港の保安検査場で質問したところ、保冷剤は取り出さなくても良いとのことでしたので、100cc 以下にこだわらなくても良かったかもしれません。

アメリカ到着後のアメリカ国内線への乗継時の Security Check でも、取り出す必要はありませんでした。冷蔵が必要な医薬品があるので保冷剤が入っていることを説明したところ、容器ごと小さなトレイに乗せて、個別でX線検査を行って通過することができました。

アメリカ国内線乗継時の Security Check 時には、まだ、容器の蓋が冷たい状態でしたので、飛行時間と合わせて15時間位は大丈夫だったようです。ただし、アメリカ国内を移動して、ホテルに着いた時には保冷剤は冷たくなくなってました。

空港や保安検査員によって運用が変わるかもしれませんが、取り敢えず、問題なく機内持ち込みができました。

ホテルの部屋に冷蔵庫がありませんでしたので、滞在中には 氷点下シリンダー に氷を詰めて冷蔵していました。

氷点下シリンダーを使い、冷蔵庫代わりに氷で保冷しました

シダトレンは、チャック付きのビニール袋に入れた上で、氷点下シリンダーに半分ぐらい詰めた氷に立てるような形で入れています。部屋に冷蔵庫がないホテルは結構ありますが、氷を貰えないホテルはほとんど無いので氷点下シリンダーを冷蔵庫代わりに使うのは有効じゃないでしょうか。

  1. 2017/08/11(金) 02:50:53|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (252)
ガジェット (150)
iOS (94)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (207)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (35)
ANA/SFC (16)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: