徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ベニヤ・ヘンミ 宅建計算尺

ベニヤとヘンミの2つの商標が付いた宅建計算尺です。m と 間、m2 と 坪 の換算尺です。

宅建計算尺 1

8" の計算尺なので、単純な換算尺の割には大きいです。

宅建計算尺 2

固定尺の上下は大きな緑色のブリッジで繋がれています。こちらの計算尺には、製造年月を示す「ヘOL」の刻印があり、1964年12月の製造であることがわかります。

やはりケースは緑色の紙箱です。

宅建計算尺 3

ヘンミの商標は、先に紹介した No.P45K と比較するとシンプルで、楕円にローマ字で「HEMMI]とのみ金で押されています。

  1. 2014/04/30(水) 23:58:22|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.P45K

先日、FUJI No.88-D でふれた HEMMI計算尺 No.P45K をご紹介します。

HEMMI No.P45K 1

中学生用とはいうものの CF/DF のずらし尺も備え実用的には十分な尺度を備えています。

HEMMI No.P45K 2

裏側には、緑色の大きなブリッジがあり、これで固定尺の上下をつないでいます。滑尺の裏面には、TI、L、SIの尺度があり、裏面の目安線もあります。

この計算尺には、どこにも製造年月を示す刻印がなく、また、同時に入手した使用法説明書にもデートコードの印刷がありません。

カーソルは、簡単に外れないように、固定尺の上下の溝の端が潰されています。

HEMMI No.P45K 3

ただ、同じように大きな緑色のブリッジを持つ「宅建計算尺」にはこのような細工はありません。

ケースは、ブリッジと同じような緑色の紙箱です。

HEMMI No.P45K 4


  1. 2014/04/30(水) 22:28:26|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI No.100K @ 文具展

つくばエキスポセンターで開催中の文具展で、HEMMI No.100K が展示されているとのことで、見に行ってきました。

文具展

続きを読む
  1. 2014/04/28(月) 23:15:50|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FUJI 計算尺 No.88-D

期せずして、FUJI 計算尺 No.81 と No.88-D を入手しました。
今回は、No.88-D を紹介します。

Fuji No.88-D 1

裏面は、こんな具合。(滑尺の裏面の写真を合成して一枚にしています。)

Fuji No.88-D 2

固定尺の、上下は、両端の緑色の大きなブリッジで繋がれており、裏面の窓には目安線もあります。更に、0-13cm の目盛りも刻まれています。

この緑色の大きなブリッジは以前入手した製造刻印のない HEMMI No.P45K になんとなく似ています。

計算尺そのものの出来は悪く無いと思うのですが、びっくりしたのは同時に入手したケースです。

Fuji No.88-D 3

あまりに安物くさいので何か別のケースを流用したのかと思ったのですが、FUJIのロゴと「PLASTIC SLIDE RULE」の文字がエンボスされているので FUJI計算尺 のケースであることは間違いなさそうです。

  1. 2014/04/26(土) 23:31:01|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Relay 5インチ 計算尺 型番不明

セットで入手した計算尺の中に含まれていてはじめて Relay (Richo の前身)の計算尺を入手しました。
5インチ計算尺ですが、型番がわかりません。

Relay 5

赤でオーバーレンジが刻まれていますが、刻印の文字は少しうっすらとしています。

裏側はこんな感じです。

Relay 5

これをみて、Richo は「理光」から来ていたのかなどと妙なところで感心しました。

滑尺の裏は、S、L、T尺です。

Relay 5

ケースは、合皮?製でゴワゴワになっています。

Relay 5

  1. 2014/04/25(金) 23:39:13|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.HEMMI No.9

HEMMI計算尺 No.9 です。

HEMMI No.9 #1

ただし、カーソルのガラスがありません。本来であれば、レンズ付きのカーソルガラスが付いているはずなのですが、残念ながら欠品です。

固定尺の上側面、右側に、目盛板の欠けがあります。また、滑尺の右端はなぜか削られています。

続きを読む
  1. 2014/04/21(月) 00:20:20|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砲兵用計算尺? 第二次世界大戦中のヘンミ計算尺

戦前・戦中のヘンミ計算尺と思われる8インチの計算尺を入手しましたが、どこにも資料がなく、型番が不明です


Hemmi Slide Rule Catalogue Raisonne Part II に掲載されている情報から、「Artillery Rule」(砲兵用計算尺?)であることがわかりました。(2014年4月24日追記)



型格不明ヘンミ計算尺 1

尺の全長は、およそ 22cm です。

型格不明ヘンミ計算尺 2

裏面には、換算表、0-200、5-∞ の2つの目盛り。それに、「*"SUN"* HEMMI」の商標が刻印されています。

型格不明ヘンミ計算尺 2.1

"SUN" と「"」で括られているので、戦前もしくは戦中の計算尺と推定します。

続きを読む
  1. 2014/04/19(土) 23:08:50|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごく初期のヘンミ計算尺 逸見式改良計算尺 No.4

A.W.FABER 360、独逸ゼーハーゼ式計算尺と同時に入手した計算尺の中に、ごく初期のものと考えられる 逸見式改良計算尺 No.4 がありました。

Hemmi No.4 表

残念ながら、カーソルガラスが割れてしまっていますが、ねじを使わない金属板のカーソルで、位取りカーソルが付いたものです。このねじを使わない金属板のカーソルは、昨日記事にした A.W.FABER 360 とほぼ同じ作りになっています。

Hemmi No.4 裏

裏面は、固定尺の上下がセルロイドで覆われておらず、竹がむき出しになっています。
換算表は、以前入手した J.HEMMI No.3 と同じですが、こちらのほうが状態がいいです。

続きを読む
  1. 2014/04/17(木) 00:33:07|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A.W.FABER 360

J.HEMMI No.1 の原型と言われる A.W.FABER 360 を入手しました。

A.W.FABER 360 #1

カーソルは、ねじを使わずにアルミの板金加工で作ったもので、初期の J.HEMMI の計算尺でも同様のカーソルが使われていました。

下側の固定尺の中央に「360 * A.W.FABER. D.R.PATENT.No.206428 D.R.G.M. 371190.」、右側には「MADE IN BAVARIA」の刻印があります。

A.W.FABWER 360 #2

滑尺の下には、初期の J.HEMMI計算尺と同じように、cm の目盛りが付いています。

A.W.FABER 360 #3

裏面には換算表が付いています。裏面を見ると材質が木であることがよくわかります。

続きを読む
  1. 2014/04/16(水) 00:51:29|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モバイルスターバックスカード

自宅近くのスターバックスで使ったのですが、カウンターの中の店員さん達、誰も扱ったことなくたぶん店舗第一号のお客さんとのこと。皆さんで、キャッシャーでどう処理されるか、カウンターの向こうで見学しながらのレジ作業でした。音が気になっていたらしいです。



  1. 2014/04/12(土) 08:50:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iCam で、Webカメラの映像を iPhone で見る

iCam というソフトを使って、Webカメラで撮影した映像を iPhone でほぼリアルタイムに確認することができます。
iCamSource Mobile を使うと、iPhone のカメラを Webカメラとして使用することができます。

iCam App Store iCam Source App Store

2014年4月に私が購入した際は、どちらも500円でした。

配信される映像はこんな感じ。

iCam

映像をただ配信するだけでなく、画面の中の動きに反応して、プッシュ通知を行ったり、画像を記録することもできます。簡単な防犯カメラとしても使用できそうです。

続きを読む
  1. 2014/04/10(木) 21:53:14|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独逸ゼーハーゼ式計算尺

久しぶりの計算尺の記事です。

製造元はどこか不明なのですが、紙とプラスチック(セルロイド?)で製造された計算尺を入手しました。同時に入手した使用法説明書によれば、「独逸ゼーハーゼ式計算尺」というもののようです。

実は、まとめてオークションに出されていた複数の計算尺のなかの1本で、他の計算尺のうち2本の尺が欲しくて競り落としたものでした。ところが、紙とプラスチックの計算尺は初めてでしたし、なかなか興味深い構造でしたのでまずこちらを紹介することにしました。

Seehase 1

ご覧のように、裏面には何もありません。

Seehase 2

続きを読む
  1. 2014/04/09(水) 01:06:36|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モバイルスターバックスカード

またまた、スタバネタで恐縮ですが、モバイルスターバックスカードなるものができていたのですね。
少し前から、レジの横になにやら端末があるのは気付いていたのですが、今日はじめて知りました。

モバイルスターバックスカード

早速登録しました。4/30までに全国展開するらしいので、プラスチックのカードがまた一枚減らせます。

  1. 2014/04/07(月) 21:21:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタバでひとやすみ

朝時間があるときに時々使うスターバックスのお店なのですが、いつもは席を探すのに苦労するくらい混んでいるのに、今日はガラガラ。

年度始まりのせいなのか、それとも消費増税のせいなのか?



  1. 2014/04/07(月) 09:48:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SIM変換アダプター

IIJmio の SIM は、nano SIM なので、他の端末でも使用できるように SIM変換アダプターを購入しました。

SIM変換アダプター 1

超簡単な梱包?で、説明書も一切なし。Amazon で買ったのですが、梱包の中でプラスチックのトレイから落ちていて、入ってないかと思いちょっと焦りました。

中身は、nano SIM -> micro SIM、nano SIM -> 標準 SIM、micro SIM -> 標準 SIM の3つの変換アダプターと SIMトレイを抜くためのピンが入っています。

SIM 変換アダプター 2

変換アダプターのくり抜きの部分には透明フィルムが張ってあり、中のSIMが抜けにくく工夫してあります。

続きを読む
  1. 2014/04/05(土) 00:01:00|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消費税 8% の朝食

  1. 2014/04/01(火) 08:15:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (223)
ガジェット (146)
iOS (77)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (194)
舌下免疫療法 (10)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: