徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI計算尺 No.P45S

中学生用の20cm (8インチ)の計算尺では、以前、No.P43D を紹介しましたが、No.P43D には、ずらし尺 (CF/DF) が装備されていませんでした。

今回紹介する No.P45S は、ずらし尺 (CF/DF) を装備しており、目外れが起こりにくくなっています。
裏面の窓にも目安線があり滑尺を裏返さずに三角関数を使用することができます。中学生用といえど、しっかりと作られておりよく出来ています。

No.P45S は、No.2664S と同様にかなり流通していたらしく、いつの間にか手元に6本も揃っていました。No.2664S の6本と並んで私が所有する計算尺の中で最多の尺です。(2014/08/28現在)

まずは、表面です。

Hemmi No.P45S 表

ずらし尺は、√10切断です。

裏面は、No.P45K の用に緑のブリッジではなくプラスチックの一枚板で固定尺の上下をつないでいます。

Hemmi No.P45S 裏

滑尺下の溝には刻印は全くありません。

Hemmi No.P45S 滑尺下、滑尺裏

製造時期を示す刻印は「ヘXC」で1973年3月の製造です。


続きを読む
  1. 2014/08/28(木) 22:28:50|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドメイン変更

ドメイン gwankai.net を取得し、本ブログのURLを blog.gwankai.net に変更しました。

ドメインの取得には、FC2 ドメイン を使用しました。

まずは、希望するドメインを検索し使用できるかどうかをチェック。

FC2 ドメイン 検索

検索結果です。(この例では、架空のドメインで検索しましたので、画像を加工しています。)

FC2 ドメイン 検索結果

希望のドメインが空いていれば、「登録する」をクリックし、後は、画面の指示ししたがって登録します。

FC ブログ Pro に登録していれば、ブログのドメインを変更することができます。

続きを読む
  1. 2014/08/27(水) 07:56:58|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2 ブログ Pro を契約しました

このブログは、FC2 ブログ の無料プランを使って運営していました。私にとっては、機能的にも十分でほぼ満足していましたが、広告、特にスマートフォン版の広告は気になっていました。

無料で使用するためには広告が必要というのは十分に納得しています。PC版の広告については、それほど気にならないのですが、ただでさえ画面の小さなスマートフォンでは広告がどうしても目についてしまいます。

FC2 無料版広告 iOS

パソコンに比べて小さなスマートフォンの画面に、広告が2つも、3つも出てくるとさすがに目立ちます。上の画面は、iPhone のスクリーンショットですが、広告が3件、スマートフォン下部コンテンツっていうんですか「注目記事」と「日記ランキング」の計5件のアイテムが表示されています。このコンテンツだけで一画面に収まりきれません。

そこで、FC2 ブログ の有料プラン FC2 ブログ Pro を契約することにしました。1ヶ月300円と12ヶ月3,300円の2つのプランがありますが、私は、12ヶ月3,300円のプランを契約することにしました。(料金は2014年8月26日現在です。)

下記は、のFC2 ブログ Pro の機能紹介ページのコピーです。

FC2 Pro 機能紹介
(2014年8月26日現在)

「ブログ・アルバム内の広告を完全非表示」 … いいですね!でも、契約するだけではなく、有料プラン登録後に設定が必要なんですね。
「保存容量が無制限に!」 … 当分保存容量には問題は出ないと思うけど、無制限は安心ですね。
「アップロードが5MBまでOK!」 … 5MBは、無くてもいいかな。
「1日の投稿記事数が増加!」 … 1日100件は投稿しないです。1ヶ月でも100件超えません。
「独自ドメインが使える!」 … 独自ドメイン格好いいです。FC2 ドメイン 契約しちゃいました。
「FTPが使用可能に!」 … 取り敢えず、ブログでは使わないかな。
「404ページの編集ができる」 … 使わないです。

今なら、有料プランに申し込むと JPドメイン が一年間無料で使えるみたいです。
(私は、料金が「.jp」より安い「.net」を契約したので使いませんでしたが。)

続きを読む
  1. 2014/08/27(水) 00:52:21|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.2690 スタジア測量用

戦後のスタジア測量用計算尺 HEMMI No.2690 です。まずは表面から。

HEMMI No.2690 表

オーバーレンジが無い以外は、No.90 とほぼ同じです。
裏面には、換算表もきれいな状態で残っています。

HEMMI No.2690 裏

製造時期を示す刻印は「ML」で1962年12月製造です。

滑尺下と滑尺の裏。

HEMMI No.2690 滑尺下、滑尺裏
(滑尺裏面の写真は合成しています。)

No.90 とほぼ同じですが、固定尺側面は、下記の写真のようにメトリックの 13-0-13 の目盛りが刻まれており、No.90 のように K尺、IA尺 は刻まれておりません。

HEMMI No.2690 側面

  1. 2014/08/26(火) 00:41:40|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.90 スタジア目盛付

戦前・戦中の HEMMI計算尺 No.90 スタジア目盛付です。「スタジア」が一般的なようなのでこの記事では「スタジア」と記載しますが、追記で参照している「逸見式計算尺使用法解説」では、本文中では「スタヂヤ」、付録の定価表では「スタヂア」と記載されています。

表面から。Type Aカーソルが付いています。カーソルの刻印は上に 「*"SUN"*」 下に 「HEMMI」 と非常に簡単なものです。

HEMMI No.90 表

尺度は、固定尺上に、L、D、滑尺表に、M1、M2、C、固定尺下に、D、A です。M1尺、M2尺をスタジア計算に使うようです。C尺、D尺には赤でオーバーレンジの目盛が刻まれています。

HEMMI No.90 滑尺下、滑尺裏
(滑尺裏面の写真は合成しています。)

滑尺下には刻印はなく、滑尺裏には、S、S&T、T の三角関数関係の尺度があります。

HEMMI No.90 裏

換算表は残念ながら失われています。生産国を示す刻印はなく、輸出ができなくなった頃のものかと推測します。

No.90 の特徴として、固定尺の下側側面には、K尺 と 逆目盛の IA尺 が付いています。

Hemmi No.90 側面

本来であれば、側面カーソルも付いているのですが、私が入手したものは残念ながら側面カーソルが欠損していました。
折れた部分の断面を見ると透明セルロイドのカーソルが付いていたようです。

続きを読む
  1. 2014/08/23(土) 00:02:31|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI / 不二越 油圧計算尺

NACHI (株)不二越 のロゴが付いた HEMMI の油圧計算尺です。

まずは、計算尺の表面から、

HEMMI 油圧計算尺 表

F尺、P尺、A尺 は、0.1 から 10,000 までの目盛が付いています。

HEMMI 油圧計算尺 裏

裏には計算式などが書かれています。

製造年月を示す刻印は「RH」で1967年8月の製造です。

  1. 2014/08/19(火) 23:42:38|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.400 アイソトープ技術用

HEMMI計算尺 No.400 アイソトープ技術用です。400番台の計算尺は特殊用途との記載を何処かで見たのですが、アイソトープ用というのはまさに特殊な用途に思えます。入手したのは計算尺本体とケース(紙箱)のみなので使用方法はわかりません。

まずは表面からです。

HEMMI No.400 表面

表面は、Y尺 を除いて、割と普通の尺度です。(Y尺 ってなんだろう?)

製造年月を示す刻印は、「HI」 で1957年9月製造です。Wikipedia によれば、1956年6月に日本原子力研究所(現・独立行政法人日本原子力研究開発機構)、1957年11月に日本原子力発電株式会社が設立とのことですので、日本の原子力研究の黎明期に製造された計算尺ということができると思います。(ちなみに、Paul Ross さんのカタログでは、発売時期は1959-68年になっていますが、もう少し早い時期から売られていたのかもしれません。)

裏面です。

HEMMI No.400 裏面

裏面の尺度はどう使うのかさっぱりわかりません。Cs137 (セシウム137) や I131(ヨウ素131) など、福島の原発事故に伴う放射能汚染で有名になってしまった放射性同位元素の記載もあります。

HEMMI No.400 ケース

同時に入手したケース(紙箱)です。

HEMMI No.400 ケース端のラベル

ケースの端には、「No.400」 のラベルが貼られています。


  1. 2014/08/17(日) 00:05:43|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.257 と No.257L 化学工学用

化学工学用計算尺、HEMMI No.257 と No.257L です。

まずは、No.257 の表面から。

No.257 表

次は、No.257L の表面ですが、ここでは、No.257 との比較から HEMMI のロゴのないこちらの面を表面として扱います。(また、こちらを表面とした時にカーソルのバネが上側になります。)

No.257L 表?

No.257 と比較すると、K尺 が追加されています。No.257L では、K尺 を表面に追加したために、ヘンミのロゴと製品名を刻印するスペースがなくなり、裏面に刻印されたのではないかと推測します。どちらも、CF尺 / DF尺 は、π切断です。

No.257 の裏面です。

No.257 裏

No.257L の裏面です。

No.257L 裏?

どちらも、 Ch尺 がありこれが化学工学用の特徴的なものと思います。「原子量・分子量」を示す尺のようです。(後述のNo.257 のカタログ参照。)

No.257 にあった F(t)尺 が、No.257L では LM尺 になり、また、mmHg尺 と kg/cm2尺 が入れ替わっています。
とは言うものの、これらの尺度、特に F(t) 及び LM がどういう意味を持つのかは、よくわかりません。

mmHg と kg/cm2 が圧力であろうことくらいは想像がつくのですが、、、
No.257 のカタログの表記(下の写真)からすると、F(t) は、「気体の断熱圧縮・膨張」に関係するようです。

No.257 Catalog

製造時期ですが、No.257 は刻印が「SE」で1968年5月製造、No.257L は刻印が「VC」で1971年3月製造です。

  1. 2014/08/13(水) 22:59:17|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.8

J.HEMMI時代の古い5インチのヘンミ計算尺を入手しました。尺度からすると、No.8 または No.6 と思われます。

レンズ付きのカーソルが付いていたのですが、なんとこれが手作りなので、No.6 なのか No.8 なのかどちらか特定するのが難しいのですが、ここはレンズ付きが付いていたということから J.HEMMI No.8 考えています。(デジマルインジケータ付きの No.9 や No.7 の可能性もあるのですが、、、)

まずは、計算尺の表面から。

J.Hemmi No.8 表
(元の所有者名と思われる個人名を消すため画像を一部加工しています。)

目盛板は鋲止めされています。写真では見づらいですが、側面の目盛板も鋲止めされています。

手作りカーソルのせいで、計算尺の角や目盛が摩耗してしまっています。また、目盛の数字がないところに手彫りで数字が追加されています。

裏面は、

J.Hemmi No.8 裏

固定尺の裏側の竹の部分はセルロイドで覆われておらず、切り欠きは楕円形です。

滑尺下と滑尺の裏は、

J.Hemmi No.8 滑尺下、滑尺裏
(滑尺裏の写真は合成しています。)

滑尺下には、メトリックの目盛と「専売特許第二二一二九 逸見式改良計算尺」(現物は旧字体で右から左に刻印されています。)が刻まれています。

刻印その他の特徴は以前入手した J.HEMMI No.9 と同じです。

続きを読む
  1. 2014/08/10(日) 21:36:59|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上諏訪温泉旅行

本当に久しぶりに上諏訪温泉に旅行しました。暑かったですが、雨がふらなかったので花火も楽しむことが出来ました。

ホテルの部屋から見た諏訪湖です。

諏訪1

諏訪大社(写真は下社秋宮)を回ったりしながら、車で諏訪湖を一周しました。

諏訪2

諏訪湖の花火大会はまだですが、「サマーナイトファイヤーフェスティバル」ということで7/27~8/31(8/15を除く)毎日 20:30から800発の花火が打ち上げられます。時間にして15分ほどですが、花火を楽しみました。

諏訪3

もちろん、温泉も楽しみました。

  1. 2014/08/08(金) 21:33:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SYSTEM RIETZ 計算尺 HEMMI No.64 / No.74

ヘンミのSYSTEM RIETZの計算尺の兄弟尺が4種類揃いました。20インチの No.70、10インチの No.64、6インチの No.67、5インチの No.74 と長さの異なる4種類の尺です。

ちなみに、No.67 は、No.66 にレンズ付きカーソルがついたバージョンです。

No.70No.67 は既に紹介していますので、ここでは、No.64 と No.74 を紹介したと思います。

まずは、No.64 から紹介します。(以前 No.70 の記事の中で写真に入れたものとは別の A型カーソル付きのものです。)

表面から、

Hemmi No.64 表

裏面です。

Hemmi No.64 裏

滑尺下と滑尺裏です。

Hemmi No.64 滑尺下、滑尺裏

商標の刻印は「*"SUN"* HEMMI」、生産国を示す表示はなく、また、ラベルには停止価格の丸停表示が捺印で押されていることから、開戦直前、もしくは戦争前期あたりのものではないかと想像します。

Hemmi No.64 ラベル

No.74 は、未開封で入手したので、開封はしておらず袋の上からの写真となります。

Hemmi No.74 表

こちらは、プラスチックの3本線カーソルです。

Hemmi No.74 裏

製造年月を示す刻印は、「WK」で1972年11月製造のものです。

  1. 2014/08/07(木) 21:48:51|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き鮭朝食



デニーズでのんびり朝ご飯。

  1. 2014/08/05(火) 08:07:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.67

初めて入手した 6インチ の計算尺、ヘンミ計算尺の No.67 です。

HEMMI計算尺 No.67 表

ただし、レンズの部分は外れてしまっていました。(レンズが無いと No.66 ですね。)

HEMMI計算尺 No.67 レンズ

レンズの裏側には接着剤の跡のような付着物があるので、A型カーソルに接着されていたのかと推測してますが、他に3本線のA型カーソルにレンズが付いているものを見たことがないので確証がありません。

No.67 と判断した根拠は、同時に入手した箱に貼られていたラベルです。

HEMMI計算尺 No.67 箱のラベル

ラベルと比較していただくと推測できると思いますが、通常の紙箱より厚く作られています。レンズが付いたカーソルに対応したものと思います。

続きを読む
  1. 2014/08/04(月) 21:10:48|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.50/1

最近ちょっと変わった HEMMI No.50/1 を入手しました。

まずは表面から。

Hemmi No.50/1 表面

HEMMIの商標が、カタカナで「ヘンミ」となっています。

次は裏面。

Hemmi No.50/1 裏面

裏面の換算表はなんとフランス語です。

滑尺下と滑尺の裏です。

Hemmi No.50/1 滑尺下

詳細は追記にて。

続きを読む
  1. 2014/08/02(土) 22:51:11|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

mineo の SIM が届きました

2014/10/23 追記 mineo は、iOS 8 不対応のため解約しました。

mineo の SIM が届きました。7/30に申し込んで、8/1に到着です。早い!

minoe 箱

大きな箱にちょっとびっくりしましたが、中身は下の写真の通り。

mineo 中身

続きを読む
  1. 2014/08/02(土) 13:45:14|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (258)
ガジェット (149)
iOS (88)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (202)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: