徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI計算尺 No.32

4" の HEMMI計算尺 No.32 の戦前型を入手しましたので戦後型のものと比べてみました。

まずは、表面から。

戦前型の表面には、A、B、C、D の4つの尺度のみで、戦後型のものと違い CI尺 がついていません。

Hemmi No.32 戦前型 表

戦後型のものには、滑尺に CI尺 が付いています。まずは、金属枠のカーソルにガラスレンズの付いているもの。製造時期を示す刻印は「BJ」で、1951年10月製造のものです。

Hemmi No.32 戦後型 ガラスレンズ 表

こちらは、同じ戦後型ですが、プラスクチックカーソルのもの。製造時期を示す刻印は「VA」で、1971年1月製造のものです。ヘンミの商標などの刻印が表面に移動してきています。

Hemmi No.32 戦後型 プラスチックカーソル 表

続きを読む
  1. 2015/02/26(木) 00:07:17|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(続) LG G Watch R 購入記

ここ何年も腕時計をはめない生活をしていたのですが、ちょっと時間を見るためにスマートフォンを取り出すのが面倒になってきて、久しぶりに腕時計を買おうと思いました。で、どうせ腕時計を買うなら、スマートウォッチを買おうかなと言うことで購入した LG G Watch R ですが、想像以上に役立っています。

購入後しばらく付属の皮製のバンドで使ってみたのですが、私の手首が細いせいか、硬くて使いづらかったので、バンビのウレタン製のバンドBG700A に交換しました。

LG G Watch R ベルト交換

これでも、一番短くして何とかって感じですが、ベルトの素材が柔らかいので使いやすくはなりました。

Android Wear 用のソフトは余り使っておらず、通知を確認するのが中心の使い方ですが、想像以上に便利です。

どこでも手軽に時間が確認できるのはもちろんですが、スマートフォンの通知が G Watch R でチェックできるのが思ったより使い勝手がいいです。例えば、通勤電車の中で、スマートフォンがブルブルっとすると、今までは、冬なら、コートの下のシャツのポケットから苦労して取り出し、確認していました。(スマートフォンのバイブレーションの振動がわかるようにシャツの胸ポケットや腰のホルダーに入れています。)

G Watch R を使うようになってからは、左手を顔の方にクイッとひねるだけ。カードがちらっと見えるので、もう少し見たければ右手指でスワイプして確認。スマートフォン本体を取り出すのは、必要なときだけでいいので、通勤中の電車の中でスマートフォンを取り出す回数が激減しました。それに、Bluetooth が届く範囲なら通知を受け取れるので、スマートフォンを身体につけておく必要もなくなりました。

通知も、特にソフトが対応していなくても、通知バーに出るものは原則すべて時計にも通知されるようです。下の写真では、「K-9 メール」からの通知です。(特定のアプリから通知をブロックすることもできます。)

LG G Watch R 通知 1 LG G Watch R 通知 2

もう少し改善して欲しい点も、もちろん見えてきました。

まずは、フル充電からの使用可能時間をもう少し(大幅に?)伸ばして欲しいです。一日は持ちますので、寝るときにクレードルに載せておけば大丈夫なのですが、一泊の出張でもクレードルを持って行かなくていは行けないのはやはり不便です。

また、スマートウォッチと言いながら、かなり大きく余りスマートではないので、是非、コンパクト化して欲しいです。(電池の持ちとは背反ですが。)私が不器用で腕時計をゴツゴツぶつけるのは昔からなので仕方がないのですが、腕時計の幅と、手首の幅がほぼ同じなのは少々使いづらいです。

ウォッチフースには、「Hiking」を使用しているのですが、気が付くとコンパスに「∞」マークが出ていて、電子コンパスの調整が必要な状態になっています。最初は、G Watch R を外して、水平に持ち、水平に「8の字」に動かしていたのですが、これではいつまでやっても調整が終わらず、腕に付けたまま地面と垂直に「8の字」を描くように動かしたら簡単に校正されました。スマートフォンなどでは、電子コンパスを使ったことがないので分からないのですが、こんなものなのでしょうか?

  1. 2015/02/23(月) 21:55:47|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LG G Watch R 購入

LG Watch Urbane が発表された後では、今更感もあるのですが、LG G Watch R を購入しました。

購入先は、au Online Shop です。注文して、翌日には出荷され、2日後には入手していました。
粗忽者の私は腕時計は必ずぶつけるのでパネルの保護のため、同時にAmazon で液晶の保護フィルムも注文。

G Watch R #1

どちらも同時に配達されました。

LG G Watch R は、黒い箱に入っています。au から購入したので、「au +1 collection SELECT」のシールが貼られています。

LG G Watch R #2

開封したところです。

LG G Watch R #3

内容物です。

LG G Watch R #4

保護シートは、韓国からの輸入品のようでハングルと英語が書かれていました。

LG G Watch R #5

セットアップは長くなったので「追記」に。

続きを読む
  1. 2015/02/22(日) 09:59:21|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Todoist プレミアム の契約をしました

Todoist より便利に使うために、また、応援のためプレミアム契約をしました。

Todoist プレミアム

取り敢えず、「メモやファイルの添付」、「携帯とメールのリマインダー」、「常に自動に同期します」が、目的です。

  1. 2015/02/20(金) 23:35:47|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タスク管理アプリ Todoist

タスク管理のアプリとして、Tasks+ を使ってきたのですが、多少問題が有り、代替のアプリを探していました。
今回、Todoist を試し、いい感じなので、タスク管理アプリを Todoist に変更することにしました。

まずは、Todoist のサイトから登録をします。

Todoist 1

Todoist の何がいいって?まずは、このマルチプラットフォーム対応が嬉しいです。

Todoist 6

続きを読む
  1. 2015/02/17(火) 23:30:41|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みおふぉん、留守番電話サービスの提供開始

みおふぉんで、留守番電話などの「音声オプション」が今日からサービス提供されることが発表になりました。

詳しくは、「IIJからのお知らせ」を見ていただくとして、留守番電話は、「300円/月(税抜き)」とのことです。

  1. 2015/02/12(木) 11:33:12|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逸見式改良計算尺 J.HEMMI No.53

J.HEMMI 時代の逸見式改良計算尺 No.53 を入手しました。

Hemmi No.53 #1

Qout +1 など位取りのための記号が後から手彫りされています。

滑尺下と裏面です。

Hemmi No.53 #2
(滑尺裏面の写真は合成しています。)

「専売特許第二二一二九 逸見式改良計算尺」(実物は右から左)と記載されている古いものです。

Hemmi No.53 #3

裏面の換算表もきれいに残っています。

Hemmi No.53 #4

残念ながら、同時に入手したケースは別の製品のもののようで完全に閉めることができません。

  1. 2015/02/11(水) 13:57:31|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紙製のヘンミ計算尺

プラスチックのカーソル以外全て紙製のヘンミ計算尺を入手しました。

表側です。

紙製のヘンミ計算尺 1

6インチの計算尺ですが、型名の記載はありません。√10切断で、CI尺も付いています。滑尺の裏面には尺度はありません。

裏側です。

紙製のヘンミ計算尺 2

「財団法人 実務教育研究所」と印刷されています。

続きを読む
  1. 2015/02/08(日) 22:36:26|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.P36S

持ってそうで、持っていなかった、HEMMI計算尺 No.P36S を入手しました。

未開封で入手しました。

Hemmi No.P36S #0

が、開けてしまいました。

Hemmi No.P36S #1

非メートル系とメートル系への換算用です。

Hemmi No.P36S #3
(滑尺裏面の写真は合成しています。)

固定尺裏面に使用例の記載があります。

Hemmi No.P36S #2

ケースは、合皮?製で既に固くなってしまっています。

Hemmi No.P36S #4

  1. 2015/02/06(金) 00:43:15|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての献血

可愛い幼児の「はじめてのお使い」なら様になるのでしょうが、生まれて初めて献血をしてきました。

これまでも何度か、献血ルームの近くを通ったり、献血バスが来ているのを見ていたのですが、なかなか勇気がでず、実行できなかった献血を初めてすることができました。

近くのショッピングセンターに行った際に献血バスが来ていたので、思い切って受付の係の方に、「薬を飲んでいるのですが、献血できますか?」と尋ねてみました。服薬の内容を聞かれ、「大丈夫ですよ。」と教えていただき、献血することにしました。

簡単な用紙に記入した後で、タブレット端末から簡単な問診票?に記入。手首に整理番号を付けたタグを巻かれて、書類が入ったフォルダーを持ち、献血バスへ。

バスの中では、再度問診を受け、血圧を測り、両腕の血管を見せて、細い方の左腕から採血。その場で簡単な検査を行いました。血液型とヘモグロビン濃度?の検査があり、「16.8 大変良い血液ですね。400ml の献血をお願いします。」とのことで、400ml の献血をすることになりました。

バスの中には献血をするベッドが3台あり献血をする手によってベッドの向きが変えられるようになっていました。順番が来ると書類が入ったフォルダーを渡し献血が始まりました。私の場合、右手の血管のほうが太いので献血は右手から。手が冷たくなっていたので、温めたお湯が入ったパックをもらい手を温めてから、採血よりかなり太い針を血管に入れて献血が始まりました。針は太いものの看護師さんの技術が良い所為か「チクッ」としただけでその後は痛みもありませんでした。献血に使う器材は、目の前で密封されたパックを開けて使い捨ての器材を使用していました。更に採血をする腕だけではなく、看護師さんも手袋の上から更に消毒をしたりしていたり、感染症防止に十分注意をしている様子で非常に安心ができました。

献血が始まってしばらくしたところで、寒さの所為か、はたまた緊張していた所為か、血流が良くなくて、途中で少し休み、「今日は、デビュー戦ですね。」と話しかけられ、指先を温めるためにマッサージ?してもらったりしながら、和やかな雰囲気で再開。その後はなんとかスムーズに進み無事 400ml の献血を終了しました。

バスの中で少し休んだ後で、受付に戻り、献血カードを作ってもらい、ティッシュや手袋などの記念品?を貰い初めての献血を終わりました。

始めてもらった献血カードです。

献血カード

裏面には、番号や名前以外に次回献血できる日付が印刷されていました。

献血カード 裏

初めてなので、献血回数はもちろん「1回」です。

献血を行ってみれば、まさしく「案ずるより産むが易し」でした。亡くなった私の両親も、連れ合いも、献血のお世話になりましたので、今後も、機会を見て協力していきたいと思います。

(2015年2月2日追記)そう言えば、本人確認用に暗証番号以外に生体認証が使えるとの事で、指静脈の情報を登録しました。

  1. 2015/02/01(日) 23:14:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI 電気設備用計算尺

HEMMI の 電気設備計算尺 を入手しました。

まずは、表面から、

HEMMI 電気設備計算尺 1

裏面です。

HEMMI 電気設備計算尺 3

右下に、「OH-72 PAT P.104202 HEMMI」と刻印されており、ヘンミ計算尺製とわかります。「OH-72」が型番の様にも思えますが、はっきりとしたことは判りません。

滑尺下と滑尺裏です。

HEMMI 電気設備計算尺 2
(滑尺裏の写真は合成しています。)

電気系の計算に使用する特殊用途向けの計算尺で、インターネットで検索したところ、実際に使用されていたくまさんのブログに記事があり、「電気設備計算用として作られたもので、電線の太さや電圧降下などを計算する目的で作られたもの」で「一般ではほとんど出回る事のなかった電気設備用の物で、一般の数学計算ではなく電線の種類・サイズ・電圧降下・電線管選定などを算出するために作られたものです。ただし碍子引きやBNケーブルなど、現在では存在しない部分があります。」ということがわかりました。
くまさんには記事の利用をご快諾いただきありがとうございました。
(なお、「くまさん」さんとおよびすると「さん」が重複してしまうので、文中では敬称を省略させていただきました。)

  1. 2015/02/01(日) 13:14:34|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (221)
ガジェット (145)
iOS (77)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (188)
舌下免疫療法 (8)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: