徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

献血に行ってきました

日曜日(6/26)に近所のショッピングモールに献血バスが来ていたので、献血をしました。

私は、「複数回献血クラブ」に入っているので、検査結果が出るとメールでお知らせが来て、ウエブで結果を確認することができます。

で、日曜日の午後、献血して、今日、もう結果が出ましたとメールがきました。

献血結果が届きました

献血してから3日目です。いままで、こんな早く結果が来たことはありませんでした。日本赤十字、スゴ!

  1. 2016/06/29(水) 23:53:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベーコンとほうれん草のキッシュ @スターバックス

前から、気になっていたんだけど、試したことが無かったスターバックスの「ベーコンとほうれん草のキッシュ」を注文しました。



柔らかくて、美味しい。

何となく、もっと固いと思ってた。
食わず嫌いでした。

  1. 2016/06/29(水) 08:09:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.P253 SPECIAL

HEMMI計算尺 No.P253 SPECIAL です。

表面からです。

Hemmi No.P253 表面

裏面です。

Hemmi No.P253 裏面

さて、一体、何が SPECIAL なんでしょう?

違いは、判りますか?

表面の左側の拡大画像です。

Hemmi No.P253 SPECIAL Hemmi No.P253
(左が No.P253 SPECIAL、右が No.P253 です。)

裏面の左側の拡大画像です。

No.P253 SPECIAL 裏 No.P253 裏

画像を見てわかるように、尺度は、No.P253 と全く同じです。

気づいた違いは、2点。

表面では、No.P253 SPECIAL は滑尺の CIF が緑色で、No.P253 は赤です。(緑色が識別しづらくて申し訳ありません。)
裏面では、TI1 の目盛りが細かくなっています。

しかし、これだけの違いで、SPECIAL版 を作っていたのですね。

KIMさんの、計算尺愛好会の計算尺資料館には、V尺系を持つ No.P253 SPECIAL が載っています。こちらの方が、SPECIAL な感じがあります。
No.254W-S のように、高校の先生の要望などで、色々なバージョンがあったのかも知れません。

ちなみに、製造時期を示す刻印は、「RI」で、1967年9月の製造です。

  1. 2016/06/27(月) 23:52:37|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(幻の?)逸見計算尺 十吋學生用計算尺 No.19

先日入手した逸見計算尺 No.102 に「1927 HEMMI CATALOGUE AND INSTRUCTIONS」が付属していました。

1927 HEMMI CATALOGUE and INSTRUCTIONS 表紙

この資料も貴重なものだと思うのですが、表紙裏に目盛りの読み方の紙が糊付けされていました。

1927 HEMMI CATALOGUE and INSTRUCTIONS 別紙
(四つ折で、計算尺と一緒に箱に入れられていたので、強い折り目が付いていて、スキャンする際に伸ばすのも一苦労でした。)

その裏に、青いインクで印刷されていたのがこれです。

1927 HEMMI CATALOGUE and INSTRUCTIONS 別紙の裏
(右端に糊付けのためシワになった部分があります。)

フレームレスカーソルの説明の上に、No.19 の紹介が掲載されていました。

はじめて見た、HEMMI No.19 の情報です。

HEMMI No.19

No.1 の学生練習用の廉価版という位置づけです。後の学生用の No.40 と同じですね。

以前紹介した POST No.1446 / HEMMI No.40 が下の写真です。

POST No.1446, HEMMI No.40 表

そっくりです。違いは、パテント等の刻印とカーソルですね。

ただ、実物の尺の情報はどこにもないようなので、もし情報をおもちでしたら、是非、教えてください。

m(._.)m

  1. 2016/06/24(金) 23:00:48|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Screen Time - 問題発生

インストール後1ヶ月ほどは快調に動いていたScreen Time ですが、一週間ほど前から、子どものスマートフォンとの同期ができなくなったり、Daily Limit が超過したはずなのに、深夜にウエブ閲覧の履歴が残っていたりすることがあるのに気付きました。

Screen Time のサポートに相談したのですが、子どものスマートフォンと同じシリーズの機種で同様の問題(Scree Time が、意図せず、停止される)が確認されている模様です。

子どもは明言しませんが、多分、Screen Time を停止する方法を子どもが発見したのだろうと推測しています。

サポートに教えてもらった方法で対応できるかどうか、今後、調査する予定です。

どうしても、対応できない場合は、Android の標準に近い(カスタマイズが出来るだけされていない)機種に変更することも考えています。電話を持たせないことは、緊急時の対応等で懸念があるし、持たせる以上、うちの子どもの場合、管理しないと無制限にスマートフォンを使ってしまうためです。(子どもが自己管理できれば、一番良いんですけど。)

なお、Screen Time のサポートはレスポンスもよく、非常に親切に相談に乗ってくれて助かっています。

  1. 2016/06/22(水) 21:31:12|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 アロクイッカー

HEMMI計算尺、アロクイッカーです。発売元は、矢崎総業(株)と記載されています。

表面は、

HEMMI アロクイッカー 表

裏面は、

HEMMI アロクイッカー 裏

配管、流量や圧力に関する計算ができるようですが、、、残念ながら、使い方はさっぱりわかりません。

ケースは、プラケースです。

HEMMI アロクイッカー ケース

「AROQUICKER」と「YAZAKI」の赤いシールが貼られています。

製造時期を示す刻印は「RH」で、1967年8月の製造です。

  1. 2016/06/20(月) 23:14:50|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抹茶クリームフラペチーノ…だよね?



このクリーム美しくない、しかも、少なくない?
その上、フラペチーノのも水っぽかった。

(´・ω・`)ショボーン

続きを読む
  1. 2016/06/19(日) 19:34:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.254W-S バリアント

バリアントが多いことで知られる Hemmi計算尺 No.254W-S を入手しました。

まずは、表面から。

Hemmi No.254W-S 表面

No.254W と比較してみると、ずらし尺が「π切断」になっています。また、C尺、CI尺に「π」、「2π」のゲージマークが付いています。

もう一本所有している No.254W-S と比較すると、C尺、CI尺に「2π」のゲージマークが付いています。

裏面はどうでしょうか。

Hemmi No.254W-S 裏面

滑尺に、TI尺が2つに分かれて、TI1尺とTI2尺が付いています。

尺度名が記載されている左側の部分を拡大してい見ました。

Hemmi No.254W-S 表 尺度 Hemmi No.254W-S 裏 尺度
(左側が表面、右側が裏面です。)

製造時期を示す刻印は「VC」、1971年3月製造です。

  1. 2016/06/16(木) 23:50:08|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 "Carrier" DUCTULER (8インチ、竹製)

以前、プラスチック製、8インチ の HEMMI計算尺 "Carrier" DUCTULER を紹介しました。

今回は、同じく 8インチ ですが、竹製の "Carrier" DUCTULER を入手しましたので紹介します。

まずは、表面。

竹製

プラスチック製の同名の尺とは、尺度が異なるようです。単純な、材料違いだけではありません。

裏面には、換算表が付いています。

竹製

あれ?この換算表、どこかで見たことあるような、、、戦後の No.2640 と同じ様な気がします。
ということで、年代が近いNo.2640 を探してきました。

No.2640 (刻印 KF、1960年6月製造)の裏面は、下記の写真のとおりです。

No.2640(1960年6月製造)の裏面
(No.2640の裏面の画像。一部を修正してあります。)

換算表だけではなく、固定尺の鋲の打ち方まで、そっくりです。

滑尺の下と滑尺の裏は、

竹製
(滑尺裏面の画像は合成しています。)

ちなみに、製造刻印は、「LC」で 1961年3月 の製造です。プラスチック製の同名の尺は、「PC」で 1965年3月の製造です。
竹製 8インチ の"Carrier" DUCTULER は、プラスチック製の同名の尺の 4年前 に製造されたものでした。

  1. 2016/06/13(月) 19:07:34|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 VALVE SLIDE RULE

HEMMI計算尺の VALVE SLIDE RULE です。「MOTOYAMA」のロゴがあることなどから、株式会社本山製作所のノベルティではないかと推測されます。EMPERORのロゴも本山製作所のロゴのようです。

表面は、

VALVE SLIDE RULE 表面

このプラバンを曲げただけの構造、野球計算尺と同じです。

並べてみました。

VALVE SLIDE RULE と 野球計算尺

VALVE SLIDE RULE の方が、10mm弱 長いですが、構造は全く同じです。VALVE SLIDE RULE は、尺度が 150mm で、6インチの片面尺になります。(野球計算尺は、尺度 125mm です。)

裏面には、使用方法の説明があります。

VALVE SLIDE RULE 裏面

滑尺は両面があり、片面がメートル法、片面がヤードポンド法の表記になります。

VALVE SLIDE RULE 滑尺 表・裏

プラスチックのケースは少し硬くなっていますが、破れもなく、良い状態です。

VALVE SLIDE RULE ケース

裏面には、「K.K. MOTOYAMA ENG. W.」と EMPERORのロゴ があります。

VALVE SLIDE RULE ケース 裏

  1. 2016/06/11(土) 23:15:03|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 No.15

初期の HEMMI計算尺 No.15 と思われる4インチの計算尺を入手しました。

後ほど紹介する裏面の商標の刻印などから、1928年から数年の間の製造と考えられますが、滑尺、カーソル共にスムーズに動き、大きな歪みもなく、大変良い状態の計算尺です。

まずは、表面と固定尺上下のスケールです。(上側がインチ、下側がセンチのスケールになっています。)

Hemmi No.15 表面と固定尺の上下側面
(固定尺上下のスケールの画像は合成しています。)

表面のセルロイドの目盛板は鋲止めされていますが、側面のスケール部分のセルロイドの目盛板は鋲止めされていません。

カーソルは、位取りカーソル付きのA型カーソルです。プレート部分が抜かれていることから、極初期のA型カーソルというわけではなさそうです。

滑尺の下と、滑尺の裏面です。

Hemmi No.15 滑尺下、滑尺裏
(滑尺裏面の画像は合成しています。)

裏面です。

HEMMI No.15 裏面

上下の固定尺をつなぐ金属板には、*"SUN"* のロゴがエンボスされています。金属板の腐食もなく、非常に良い状態です。

計算尺裏側の下の固定尺に刻印されている、商標は、「*"SUN"* HEMMI MADE IN JAPAN」となっており、この計算尺の製造は、1928年以降と考えられます。

先日、J.HEMMI の No.30 を紹介しましたが、こちらは HEMMI なので、初期の4インチ計算尺の No.14 - No.17 は、後継の No.30 - No.33 とある時期に完全に切り替わったわけではなく、多少重複して製造・販売されていた期間があったのではないかと考えられます。

一緒に入手したケースはほつれや大きな痛みも無く、皮も固くもなっておらず、多少の色落ちはあるもの、現在も使用可能な状況でした。

Hemmi No.15 ケース

  1. 2016/06/09(木) 22:49:43|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火星最接近

5月31日に火星が最接近しました。少し遅れてしまいましたが、OLYMPUS PEN Mini で撮影してみたところ、思ったよりきれいに撮れました。(ちなみに、撮影はAuto で、小さな三脚に取り付けて、レリーズがないのでぶれないように2秒のセルフタイマーでシャッターをきりました。

火星

真ん中の明るい星が、火星(だと思う)。

続きを読む
  1. 2016/06/05(日) 21:16:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲雀

駅の近くの造成地が空き地になっていて、雲雀の声が、、、

目を凝らして、真っ青な青空に見つけました。

が、スマホのカメラでは芥子粒の様です。



見えませんね、、、、、

拡大して、やっと。



ゴミじゃないですよ。小鳥には見えませんが、雲雀です。

  1. 2016/06/03(金) 11:22:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (223)
ガジェット (146)
iOS (77)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (194)
舌下免疫療法 (10)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: