徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ヘンミ計算尺 星座早見盤 (番外編)

ヘンミ計算尺製の 星座早見盤 です。(計算尺とは違いますが、、、番外編ということでお許しを。)

まずは、表面。

Hemmi計算尺 星座早見盤 表

材質は、プラスチック。多少の汚れと、割れがありますが、割といい状態ではないでしょうか。

裏面です。

Hemmi計算尺 星座早見盤 裏

使用法を拡大してみます。

Hemmi計算尺 星座早見盤 使用法

漢字は旧字体で旧仮名使い、さらに「日本内地」という表現が見られることから、製造時期は、戦前または戦中ではないかと推測しています。(削除 2017/3/15)

情報をお持ちの方いらっしゃいましたら、是非教えて下さい。

(2017/3/15 追記)
池田書店刊の「計算尺教本」(昭和23年10月5日発行)という本を入手したところ、巻末の広告に「星座表」が載っていましたので、戦後間もないころに発売されていたようです。「日本の内地」という表現も、旧字体・旧仮名使いも使われていました。
(追記終わり)

  1. 2016/07/30(土) 00:11:56|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国地方へ行きました

先日中国地方へ行きました。

大山(だと思う)です。

まずは、機上から。

大山 機上から

次は、車窓からです。

大山 車窓から

まだ、雪が残っています。

岡山城、朝だったので、天守閣には入れませんでしたので、天守閣の外から。

岡山城 天守閣 1

岡山城 天守閣 2

黒い天守閣がかっこいいですね。

次は、埋もれていた石垣。

岡山城 埋もれていた石垣 1

解説です。

岡山城 埋もれていた石垣 2

  1. 2016/07/27(水) 22:53:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アリジゴク 集団?営巣中

以前から自宅の軒下にアリジゴクが巣を作っていたのですが、今年は、特に大量に営巣しています。

アリジゴク団地 1

アリジゴク団地 2

この2箇所だけで、30個ほどありそうです。数えてませんが、合計で、50個ぐらいは巣がありそう。
土も程よく細かくて、適しているんでしょうか。それにしても、こんなに沢山の巣があって、十分餌は取れるのでしょうか?

アリジゴクの写真も追記に載せました。興味ある方はご覧ください。(虫が嫌いな方は見ないでください。)

続きを読む
  1. 2016/07/25(月) 20:53:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田行

朝、滞在先のホテルの近くの川を川沿いに下ると鳥海山が見えました。

鳥海山

よく見ると、松が全部傾いています。風が強いんでしょうね。

となれば、風力発電。今度は、風力発電用風車と鳥海山です。

鳥海山と風力発電風車

帰りの飛行機で相馬(だと思う)の近くを飛行しました。

福島~宮城沿岸

福島県の相馬港から宮城県にかけての太平洋沿岸部だと思います。

上空からも、復興はまだまだという感じがします。

  1. 2016/07/23(土) 23:26:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 (仮称)日数計算尺

ヘンミ計算尺の計算尺ですが、、、名前の情報がありません。仮に、日数計算尺と呼びます。

表面です。

Hemmi (仮)日数計算尺 表面

尺度は、固定尺上が、「日数」、滑尺が「月/日」が2つ、上側が「7/1 ~ (翌年) 6/30」、下側が「1/1 ~ 12/31」です。尺度は、「No.P37の下側の尺度にずらし尺を追加した形で、目こぼれを防げるようになっているものと思われます。
が、これなら、円形尺の方が向いているのでは、と、思ったら、コンサイスから、No.480 という日数計算尺が出ていました。

裏面には、以前のオーナーの方が書いたと思われる使い方のメモが貼ってありました。

Hemmi (仮)日数計算尺 裏面

製造時期を示す刻印は「GK」で、1956年11月の製造と考えられます。

  1. 2016/07/23(土) 22:30:16|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hemmi計算尺 No.30R

ヘンミ計算尺 No.30R です。

表面です。

Hemmi No.30R 表

尺度は、戦後の No.30 と同じですが、生産時期が「MADE IN OCCUPIED JAPAN」となります。

裏面は、

Hemmi No.30R 裏

型番を示す刻印はありません。裏板のアルミの腐食が始まっています。

  1. 2016/07/22(金) 23:48:21|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日没少し前のフライトから

主翼の上に沈む夕日。



日没少し前、雲海に光の筋が、



傾いた太陽の光が雲の頭で遮られて、光の筋になっていたようです。

  1. 2016/07/18(月) 23:09:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.Hemmi No.14

ヘンミ計算尺 J.Hemmi No.14 と思われる計算尺を入手しました。

表面から、

J.Hemmi No.14 表

尺度は、以前紹介した J.Hemmi No.15 と同じです。固定尺上面と下面のスケールも同じでした。

カーソルは、セルロイドと樹脂の一体型のカーソルです。セルロイド板は枠の部分を残して少し盛り上げてあります。強度を増すと同時にカーソル線がメモリ版に直接触れることを防いでいるのではないかと推測しています。

J.Hemmi No.14 裏

裏面には、「Westinghouse」のロゴと商標名がエンボスされています。

固定尺の下側には、朱文字で三菱のロゴと同時に「米国ウエスチングハウス社製品日本一手販賣 株式会社菱美電機商會」と刻印されています。

滑尺裏です。

J.Hemmi No.14 滑尺裏

樹脂カーソルを横から見てみました。

J.Hemmi No.14 カーソル

バネの力でカーソルが歪んでいます。まあ、実使用上は問題はありません。

皮サックです。

J.Hemmi No.14 皮サック
  1. 2016/07/18(月) 00:47:07|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リフレッシャーズ クールライム @スタバ



カップもすぐ曇ってしまうジメジメした朝をスッキリさせようとクールライムを注文しました。

写真では見えませんが、ライムのスライスが入っており、ライムの香りですっきりとした味です。後味もさっぱりしてます。

カウンターの中で、大きなカップみたいなのをシェイクして作っていたようなので、次回注文した時は注意して見てみようと思います。

  1. 2016/07/14(木) 08:21:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HEMMI計算尺 大磯式 カロリー計算尺

ヘンミ計算尺 の 「大磯式 カロリー計算尺」です。

表面から、

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 表面

固定尺の上に A尺、下に C尺 があります。固定尺の下側の尺度が、「D」ではなく「C]なのは Carorie にかけたんでしょうか。

裏面です。

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 裏面

「特許出願中」です。換算表に、使用方法が記載されていますが、その部分に反射があるので、撮り直して拡大しました。

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 使用法

滑尺の下です。

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 滑尺下

溝のの中央に、「161」と記入されており、上から透明のラッカーのようなもので保護されています。元の所有者が記入したのか、最初から記入されていたのかは不明です。

滑尺の裏です。

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 滑尺裏

滑尺の裏には、B尺 と D尺 があります。

ケースには、「大磯式 カロリー計算尺」と銀の押し文字で記入されています。

ヘンミ計算尺 大磯式 カロリー計算尺 ケース

この計算尺ついて、インターネット上で情報を検索したところ、国立情報学研究所 (NII) が提供する CiNii (NII学術情報ナビゲータ) というサービスで関連すると思われる下記の情報を発見しました。

栄養要求温量と「カロリー」計算尺 (大磯 敏雄)

昭和14年7月20日発行の「醫科機械學雑誌第十七巻第一號」に掲載された記事とのことです。

この記事を掲載した雑誌の発行時期から、本尺は、「計算尺発達史」に紹介されている専門計算尺のうちの「カロリー計算尺 (昭和14年)」ではないかと推測しています。

  1. 2016/07/12(火) 00:08:17|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.HEMMI No.51/1

(追記に、以前紹介した No.51/1 に関する考察を記入しました。)

先日、J.Hemmi の No.30 と思われる計算尺を紹介しましたが、今回は、J.Hemmi の No.51/1 を入手しました。

J.Hemmi No.51/1 表

馬の歯型の目盛り、J.HEMMI の刻印もあり、特許の情報もしっかり刻印されています。
(残念ながら、カーソルガラスは失われています。)

滑尺下の溝には、「専売特許二二一二九 逸見式改良計算尺」(実際は、旧字で右から左)と刻印されています。

J.Hemmi No.51/1 滑尺下

滑尺の裏面です。

J.Hemmi No.51/1 滑尺裏

なにも無ければ、J.Hemmi No.103 と判断するところですが、

尺の裏面を見ると、

J.Hemmi No.51/1 裏

「No.51/1」とラベルが貼られています。

J.Hemmi No.51/1 製品名ラベル

No.103 の在庫に、「No.51/1」のラベルを貼って売ったんでしょうか???
それとも、1928年より前にも No.51/1 が存在した?

前回紹介した J.Hemmi No.30 は、No.14は、固定尺上面のスケール部分が斜めではなく、全く同型ではないので、在庫を販売した可能性は考えづらく、J.Hemmi 時代に No.30 が存在したと考えるほうが自然な気がします。だとすると、J.Hemmi 時代に、No.51/1 も存在したのかもしれません。

いつも参考にさせている Paul Ross さんのサイトでは、No.51/1 は、1932-1939年になっています。また、Paul さんのサイトの別のページ(Determining Dates of Hemmi Slide Rules)では、新しい製品型番の体系の導入は、1927年から1932年の間、尺に刻印されているブランド名の変更は 1928年 となっています。
1927年(または1928年の初頭)のある時期にまず製品型番の体系が変更され、その後のある時期にブランド名の変更(「J.HEMMI.」から「HEMMI」)が実施された可能性はないでしょうか?
また、在庫を新しい製品品番で売った以外にも、旧来の金型を流用して製造した可能性もありそうです。

先日入手した 1927年の Catalogue には、新しい製品型番の体系は掲載されていません。
1928年または1929年の Catalogue または、定価表を是非見てみたいです。

続きを読む
  1. 2016/07/11(月) 00:10:12|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国立国会図書館 図書館向けデジタル化送信サービス

以前から、読みたい資料があったのですが、既に絶版になっており、古本屋でもなかなか見つけることができませんでした。

インターネットで検索して、国立国会図書館に所蔵されていることは判っていたのですが、おいそれと閲覧に行くこともできず、資料はデジタル化されているのですが、ウエブからは閲覧できず、下記のように表示されます。

インターネット非公開・図書館向け資料送信サービス

幸いなことに、この資料は、ここに書かれているように「図書館向けデジタル化資料送信サービス」の対象となっています。

図書館向けデジタル化資料送信サービスの詳細は、こちらのウエブページに詳しく書かれていますが、簡単に言うと、「図書館送信参加館」に行けば、「図書館送信参加館」の登録利用者はデジタル化された資料を館内で閲覧できるということです。(複写が可能な図書館もあります。)

図書館送信参加館一覧」を調べると、私が利用している地元の図書館も参加しており、閲覧だけではなく、複写も可能であることが判りました。

早速、図書館に連絡して、利用方法を確認し、サービスを利用してきました。

私の地元の図書館では、下記のようにしてデジタル化資料の閲覧・複写をすることができました。

1.指定のサービスカウンターに行き、「国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービス」を利用したいことを伝えます。

2.図書館の職員が貸出専用のパソコン(USB等が使用できない)に所定の設定を行います。図書館登録カードと引き換えに、利用設定済みの貸出専用のパソコンを借ります。(電源を入れたまま運ぶように指示されました。)

3.貸出専用パソコンを使い、所定の閲覧場所で資料を閲覧します。資料の検索等は、利用者が自分で行います。

4.利用時間は一回一時間まで、他に使用者がいない場合は、二時間まで延長することができます。

5.複写を希望する場合は、「永続的識別子」と「コマ番号」を資料コピー申し込みのための所定の用紙に記入し、図書館の職員に渡すと、決められたガイドラインの範囲内で、複写をしてもらえます。(有料)

この辺りの詳細は、各図書館で異なると思いますので、各自のご利用館にお問い合わせください。

実際に利用してみたところ、非常に簡単でした。利用申込時に申請した資料しか見せてもらえないのかと思い、予め国立国会図書館のウエブで検索して、閲覧したい資料の情報を印刷して持って行ったのですが、そのようなことは必要ありませんでした。

図書館で、1時間弱資料を閲覧し、後でじっくり読みたい部分の16コマ(32ページ)分の複写をしてもらいました。
複写は、資料コピー申込用紙を提出し、図書館職員が、カウンターにある職員用の端末で作業をしました。

簡単な手続きで、入手困難な貴重な資料を読むことができ大満足です。

  1. 2016/07/10(日) 01:48:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子どものスマートフォンを Nexus 6P に変更

DinnerTime Plus、Screen Time 共に、正常に動作しない子どものスマートフォンを Google の Nexus
に変更しました。

Nexus 6P

注文から、3日目に手元に到着。海外からの発送なのに、ほとんど国内と大差ありませんでした。
64GB で、15,000円の期間限定の割引があり、65,800円でした。

docomo の SIM を nano SIM にサイズ変更し、docomo回線 をそのまま使用しています。docomo の SIM を挿入すると、APN に spモード があらわれますので、それを選択して、問題なく使えています。

ドコモメールに関しては、docomo ID で使用できるように設定して、別ソフトを使用して、受信。メッセージR と メッセージS については受信できていませんが、実質、問題となることは無いと思われます。

スマートフォンの管理用には、Screen Time をインストールして、様子を見ています。

機能的には、DinnerTime Plus にも捨てがたいものがあるのですが、Screen Time のサポートは、毎回、非常に迅速にまた丁寧にサポートしてくれ、また、Andorid 6.0 (Marshmallow) での実装がうまくできていない機能 (Web History と Search History) についても正直に教えてくれることなど、サポートが良くしてくれたので、しばらくは Screen Time を使い続けるつもりです。

  1. 2016/07/09(土) 23:18:29|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.HEMMI No.102

以前にも、J.HEMMI時代 のいわゆる大正拾五年型計算尺、No.102 を紹介しました。

今回、非常に状態の良い No.102 を入手しましたので、紹介したいと思います。

まず、表面から、

J.Hemm No.102 表

ブランド名は「J.HEMMI.」、特許の表示も古いヘンミの計算尺の典型ですが、目盛りは前回紹介したものと違い櫛状の目盛りになっています。カーソルはフレームレスカーソルです。

滑尺の下の溝には、「専売特許二二一二九 逸見式改良計算尺」の刻印。

J.Hemmi No.102 滑尺下

滑尺の裏です。

J.Hemmi No.102 滑尺裏

計算尺の裏面です。

J.Hemmi No.102 裏

換算表がほぼ無傷で残っています。

更に驚いたのが、箱やサックの状態の良さです。
詳しくは、追記で。

続きを読む
  1. 2016/07/06(水) 23:40:53|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ScanSnap SV600 画像が明るすぎる場合(白飛び)の対応

ScanSnap SV600 で、計算尺をスキャンしたところ、特に、滑尺下の溝の部分が明るすぎて白飛びしてしまっています。

No.102 色濃くをチェックしない

ScanSnap SV600 の明るさを調整できませんかと、PFUサポートセンターに問い合わせてみたところ、早速、回答をもらいました。

残念ながら、SV600の明るさを調整することはできないとのことですが、「カラー読み取り時の色を濃くします」にチェックを入れて試して欲しいとの回答をいただき、早速、試してみたところ、改善が見られました。

教えていただいた手順ですが、

タスクトレイのSアイコンを右クリックし、[Scanボタンの設定]をクリック。

SV600 手順1

[読み取りモード]タブの[オプション]をクリック。

SV600 手順2

[画質]のタブをクリックし、[カラー読み取り時の色を濃くします]にチェックを入れる。

SV600 手順 3

[OK]を押して終了します。


ここで、[カラー読み取り時の色を濃くします]がグレーアウトしていた場合は、読み取りモードの画面に戻って、[カラーモードの選択]をチェックします。[カラー自動判別]になっていると思うので、[カラー]に変更します。

SV600 カラーモードの選択 2


さて、[カラー読み取り時の色を濃くします]にチェックを入れてスキャンした結果です。

No.102 色濃くをチェック

改善しました。明るすぎず白飛びせず、細かな点まで記録されています。多少、光源の反射と思われる部分がありますが、この程度あれば許容範囲です。

PFUサポートセンターの迅速な対応に感謝です。m(_ _)m

  1. 2016/07/04(月) 22:22:12|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ScanSnap SV600 を購入

PFU の ScanSnap SV600 を購入しました。

梱包です。結構デカイ。

ScanSnap 箱

設置しました。

ScanSnap SV600 設置

購入の目的は、、、、、計算尺のデータ取りです。

早速、先日入手した No.102 をスキャンしてみました。

こちらが、SV600 でスキャンしたデータです。

No.102 SV600

こちらが、PEN Mini E-PM2 で撮影したデータ。

No.102 PENmini E-PM2

SV600 の方が、コントラスト良く撮れていてはっきりとした画像になっています。

デジカメでは調整が難しい反射も少なく、端の方のピントが甘くなることもなく、データの解像度も問題ありません。スキャンも高速ですし、一度セットアップが終われば、簡単にスキャンすることができます。

が、オーバーヘッド故の難しさもあります。詳細は、追記で。

続きを読む
  1. 2016/07/03(日) 22:28:13|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (214)
ガジェット (142)
iOS (76)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (185)
舌下免疫療法 (4)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: