徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI No.P265 「ビジネスマンのハンド・コンピューター」

外箱に「ビジネスマンのハンド・コンピューター」というキャッチフレーズのついた HEMMI計算尺 No.P265 です。

HEMMI No.P265 6

表面です。

HEMMI No.P265 1

カーソルのねじが3本で独特の形をしています。(追記に詳細の写真)

裏面です。

HEMMI No.P265 3

裏面のブルーのブリッジが他の HEMMI計算尺 ではあまり見ない形式のものです。
製造時期を示す刻印は「SK」で、1968年11月製造と考えられます。


カーソル部分を拡大してみました。

HEMMI No.P265 2

プラスチックの部分は透明な樹脂(アクリル?)で成形されており、上にねじが1本、下にねじが2本使用されています。上のねじは表面から、下のネジは裏面から留められています。

また、固定尺の上下の側面には溝が切られています。カーソルにはこの溝にはまるような形で突起が付いており、カーソルは溝にそって移動します。

固定尺の上側面です。(写真上が計算尺の表面です。)

HEMMI No.P265 7

カーソルのバネは固定尺側面の溝の上側にのみ接しています。

固定尺の下側面です。(写真の上が計算尺の裏面です。)

HEMMI No.P265 8

カーソルの上側を側面から見てみました。見づらいですが、固定尺に刻まれた溝の中に突起部がはまっているのがわかります。

HEMMI No.P265 9

こちらはカーソルの下側の側面です。同じように突起部が溝にはまっています。

HEMMI No.P265 10

このカーソルの機構は、他の HEMMI計算尺 では見たことがないものです。
  1. 2014/06/15(日) 23:57:17|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤモリみつけた | ホーム | 朝モス 初体験>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/156-febc5765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (251)
ガジェット (147)
iOS (85)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (201)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: