FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

みちのく未来基金への寄付

2011年の3月11日、東日本大震災の日、私は、帰宅難民となり、夜通し歩き続け翌日なんとか自宅に戻りました。

震災後、しばらく連絡が取れず安否がわからなかった親族もおり、google finder で名前を見つけた時に安堵したことは今でも覚えています。

地震で、また、原発事故で、自宅に戻ることができず、避難所、親類宅を転々と避難した挙句、転居を余儀なくされた親族もおります。

震災後、被災された方のために、できることを考え、救援物資を送ったり、寄付をしたりしてきました。

私にも、学齢期の子供がいることから、特に子供の進学への支援をしたいと考えていましたが、どのようにしたらよいのかわからず具体的に行動することができず、一年すぎ、二年すぎ、ついには、三年が過ぎてしまいました。

昨年は「震災遺児の進学支援」とのことで、漫然と参加したスターバックスの Hummingbird プログラムでしたが、今年の参加にあたり寄付先の「みちのく未来基金」について、気になって調べてみました。

調べてみると、同意できる点が非常に多く、また、ユニークなものであることがわかりました。

「基金設立の思いと考え方」を拝見すると、

 高校卒業後の進学支援を活動の対象とすること
 一人ひとり必要な学費を卒業まで全額支援すること
 遺児なら全員が対象者返済不要なこと
 寄付は全額奨学金として使われること
 (2014/9/16 ハイライト部分追加、一部修正)

などが基本的な考え方であることがわかりました。

震災遺児の方への支援は、例えば親である私が自分の子供にするような支援が望ましいと考えておりましたので、「みちのく未来基金」の考え方が、私の考えていた支援の考え方に近いものであることがわかりました。
早速、少額ですが毎月寄付ができるように手続きを取らせていただきました。

私の微々たる貢献では、震災遺児の方、お一人の学費にも足りるものではありませんが、基金に参加することによって一人でも多くの震災遺児の方が、進学の夢、将来の夢を叶えていただけますように心より願っております。

  1. 2014/09/15(月) 00:31:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<のもの キッチン @秋葉原 | ホーム | JR九州の車両ってデザインがいいですよね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/198-e9684079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (261)
ガジェット (156)
iOS (95)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (57)
ANA/SFC (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: