FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

LG G Watch R 電池の持ちが悪くなった件 (2)

WiFiの設定を「OFF」にして電池の消費を一日モニターしてみました。
結論から云うと、「WiFiの設定」は電池の持ちに思ったより影響していないようです。

午前8時に、G Watch R を充電クレードルから取り外し、深夜0時まで使った記録です。

LG G Watch R 2015/8/29 の電池の記録

午前0時の時点で、残り9%。24時間も持たない事になります。

電池の経時変化の部分を拡大してみます。

LG G Watch R 2015/8/29 の電池残量の経時変化

午後1時頃から電池の残量が急激に減少(グラフ中、赤の背景)しています。プログラムの暴走を疑い、赤矢印の時点(午後2時頃)時計の再起動をしています。

午後8時頃から3時間(グラフ中、ブルーの背景)ほど、WiFi の設定を「自動」にしました。
この間、G Watch R は、腕から外し、Xperia Z3 Compact と10cmほど離して机の上に置きました。(動きの影響や、Bluetooth接続が電池の消費に与える影響を最小限にするため。)
WiFi が「自動」に設定されている間も、電力消費量に目立った変化はなく、WiFiの設定が電力消費に与える影響は大きくないようです。

午後11時頃から10分程度、電池の残量が急激に減っています。(グラフ中、黄色の背景)

今日の観察の結果から、G Watch R の電力消費は、WiFi の設定とはあまり関係なく、他の原因で、急激に増加していたことが確認できました。

さて、それでは、電池の残量が急落していた時に何をやっていたのか、考えてみました。

午後1時からは、iPad mini 3 で新聞や電子書籍を読んでおり、その間、iPad mini 3 を持つ左手に G Watch R をつけたままでした。時間と電池の残量の変化から判断すると、宅配便が届いて、読書を中断し、「時計の電池」で残量をチェックして、急落に気付いて、プログラムの暴走を疑い再起動という経緯と比較して、読書中に何らかの理由で消費電力が増えていたものと思われます。

午後11時の急落時は、WiFi の設定を「OFF」に戻し、 G Watch R を手のひらに載せたまま触っていた時間帯と一致します。

どちらの場合も G Watch R を大きく動かすことは無く、文字盤が上向きか下向き化の違いはありますが、床面に 30~45°程度の角度で微妙に動いていたものと推察されます。

設定をつらつら眺めると関係しそうなのは、「手首の操作」ということで、設定を確認。

LG G Watch R 手首の操作 ON

ON になってました。今度は、「手首の操作」を OFF にして試してみることにします。

LG G Watch R 手首の操作 OFF

でも、記憶では、「手首の操作」が追加されたのは随分と前だったよなぁ。。。

調べてみると、4/20の Google の Official Blog で紹介されているようです。

取り敢えず、今度はしばらく「手首の操作」を OFF にして確認してみることにします。

(2015/8/30 追記) 

その後、WEBを調べていて、Android Wear 5.1.1. のバグではないかという記事を発見しました。詳細はこちらです。

(追記終わり)
  1. 2015/08/30(日) 13:27:01|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LG G Watch R の電池の持ちが悪くなった件 (3) | ホーム | LG G Watch R 電池の持ちが悪くなった件 (1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/359-42b31b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (266)
ガジェット (158)
iOS (95)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (58)
ANA/SFC (17)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: