徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

『論文捏造』を読みました

「決マネ」こと「決してマネしないですください」に紹介されていた『論文捏造』という本を読みました。

ヤン・ヘンドリック・シェーンの高温超伝導物質に関する論文捏造事件を深く掘り下げた本です。NHKのBSドキュメンタリー「史上空前の論文捏造」、ハイビジョン特集「史上空前の論文捏造」をNHKのディレクターとして取材をした村松 秀さんの著作となります。

アメリカの名門、ベル研究所の若手研究者のシェーンが高温超伝導物質に関する画期的な論文を、サイエンス、ネーチャーなどの著名な科学雑誌に次々と発表し、一大センセーションとなりました。その共著者には研究チームのリーダーで超電導物質研究の大家 バートラム・バトログ が名前を連ねておりていました。

世界中の科学者が追試を試みるも誰も成功せず、特別な実験装置「マジックマシン」の噂まで飛び出すほど。ところが、論文のグラフが整いすぎとか、誰もサンプル(の写真すら)見たことがないというあたりから、少しずつ疑問を持つ研究者が出始め、グラフの捏造から、ついに発覚することに。シェーンの最初の申し開きは「グラフをしっかり確認することをせずに間違ったものを混同して提出してしまった、これは自分の単純な間違いだった。」というもの。調査委員会が調査を始めると次々と捏造が発覚。共著者(研究チームのリーダー)は、本来行うべきチェックをしておらず、サンプルもなく(後に提出したサンプルは明らかにおかしいものだった)、実験ノートもなく、、、、、って、10年以上前に発覚した論文偽造の話なのに、どこかで聞いたことあるような話じゃないですか。

かつて、大学で自然科学を学んだ者としては、寂しい限りです。

ところで、「決してマネしないでください」とっても面白いです。工科医科大学の掛田さんが学食のおばさん(というには若いですが)の飯島さんに恋をしてアタックするっている導入がありますが、ラブコメではなく、科学実験の話あり、科学史の話あり、科学者の話(変人ぶり?)あり、詳しいなぁと感心することが多いです。勉強になります。

  1. 2015/10/17(土) 14:58:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LG G Watch R - Google Play開発者サービス アップデート後のバッテリー消費 | ホーム | 肥後守 青紙割込 (中) を購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/395-ea09f214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (245)
ガジェット (147)
iOS (82)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (199)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: