徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

痛恨の配線ミス

自宅の電話は、ひかり電話が、レーザー複合機(ブラザー MFC-9460CDN、以降「複合機」)経由で、留守番電話機(以降「電話機」)に接続されています。

電話がかかってくると、まず、複合機の呼び出し音がなり、受信モードを「F/T=自動切換え」に設定してあるので、所定のコール数(4コールに設定してます)以内に接続された電話機にでないと、電話機の呼び出し音も鳴りだし、さらに電話機に所定のコール数鳴るとと留守番電話が起動するようになっています。

が、最近、留守番電話にメッセージが入っていることが全く無く、不思議に思っていました。

不審に思って、自分の携帯電話から自宅に電話をかけてみると、、、4コールほど複合機と電話機で呼び出し音が鳴動した後に、「カチッ」と複合機のリレーの動く音がすると、通話が切られてしまいます。当然、通話が切れてしまっては、留守番電話が起動するはずがありません。

え、なんで?????

なんどやっても、結果は同じ。

ひかり電話のルーターからでている電話線を直接電話機につなぐと、問題なくつながり、留守番電話が応答します。

複合機に繋ぎ直すと、やっぱりダメ。

複合機の設定を眼を皿にして見てみてもおかしいところはない。

念のため、複合機から、電話機に繋がるケーブルを交換しても、ダメ。

そもそも、「自動切換えモード」の時は、まず、複合機で4コール鳴った後に、電話機の呼び出し音が鳴るはずなのですが、最初から、複合機と電話機で呼び出し音が鳴動しています。まさか、壊れた?

もう一度、確認のため、配線をよく見てみます。

あれ?ちょっと待った。

いま交換したケーブル、「LINE」のジャックにつながってる!

よく見ると(よく見なくても判りますが)、ひかり電話のルーターからの信号が電話機のマークのジャックにつながり、電話機へ接続するケーブルが「LINE」のジャックにつながってます。

げっ、初歩的配線ミス。(穴があったら入りたい)

配線逆でも、自動切換えする前に回線がつながれば一応電話できるんだ、などと感心している場合ではありません。正しく配線しなおしてみます。

複合機の電話機接続口

今度は、まず、複合機の呼び出し音が4コール鳴り、「トゥルットゥルッ」と複合機が短く鳴動して、複合機と電話の呼出音が鳴るという正しい動作をしました。もちろん、待っていれば、留守番電話に切り替わります。

さては、今年の秋口にプリンターを移動した時に配線を誤ったか?(それ以前は正しく配線されていたと信じたい...)
だれかが家にいれば、大体、4コール以内には電話を取るので通話できるため全く気づきませんでした。

ちなみに、「外付け留守電モード」は使用せず、あえて、「自動切換えモード」を使用しているのは、複合機の呼び出し音がなっている間に電話機に出た時に、「外付け留守電モード」だと、手動でファックスの受信を開始する必要があるのですが、複合機と電話機の設置場所が離れており、電話機の受話器を取った後に、複合機でファックスの受信操作をするのが難しいためです。複合機の呼び出し音は電話機の設置場所でも聞こえるので、電話機の近くにいれば、受話器を取って話すことができます。
(そのかわり、電話をかけてきた方が、留守番電話にメッセージを残す場合には、4コール分余計に待っていただくことにはなってしまい申し訳け無いのですが。)

  1. 2015/12/12(土) 17:33:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<iPhone 5s のバッテリー消費 | ホーム | iOS 9.2 アップデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/413-b04cd083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (237)
ガジェット (146)
iOS (79)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (196)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: