徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

Screen Time - 子どものスマートフォンの使用制限の設定

Screen Time の子どものスマートフォンの使用制限の設定方法についてまとめておきます。
(2016年5月15日に「Auto limit new apps?」および「Auto block new apps?」に関する設定を追加しました。これらの項目が設定に表示されない場合には、こちらの記事をご参照ください。)

Screen Time を親のスマートフォンで起動すると「Children」のページが開き、そこに子どもの設定名ごとに概要が表示されています。

Screen Time 設定する子どもを選択

設定したい子どもの設定名の横の「>」をタップします。

「Settings」(設定)で、制限の条件を設定します。

Screen Time - Settings

「Daily Limit」は、一日の利用時間の制限(時間)。
「Bedtime Blocker」は、就寝時間中の使用制限。
「School time blocker」は、学校に通学している時間の使用制限。
「Blocked Apps」は、常時使用を制限するアプリの設定です。

詳細は、追記で。

まずは、「Daily Limit」から、

Screen Time - Daily Limit ON/OFF

矢印で示したボタンで有効・無効の設定をします。(上部に表示されているのは、有料機能の試用期間の残りの表示ですので気にしないでください。)

Android と iOS の挙動の違いが、下記に説明されています。

Screen Time - Daily Limit 注意書き

ものすごく簡単に言うと、Android では選択したアプリが「Daily Limit」の使用時間、使用時間超過後の制限お対称となるのに対し、iOS では、端末の使用時間で制限されるということになります。

Daily Limit の設定は下記で行います。

Screen Time - Daily Limit 設定 Screen Time - Auto limit new apps
(右側の画像は、2016年5月15日追加)

平日と週末で異なる設定をすることができます。また、「Auto limit new apps?」をオンにすることにより、子どもが新しくインストールして追加したアプリを自動的に Daily Limit の対称となるように設定することができます。

Android の場合、Daily Limit の対象となるアプリを選択できます。

Screen Time - App 設定

「Select All」は全てのアプリを対象とする場合に使います。

また、個別のアプリ毎に Daily limit の制限の対象とするかどうかを選ぶこともできます。

Screen Time - App 選択

次は、「Bedtime blocker」です。ここでは、就寝時間中の使用制限を設定します。

Screen Time - Bedtime blocker

まずは、使用するかどうかの設定を上図の矢印のボタンで設定します。

Bedtime blocker は、適用する曜日を選ぶことができます。

次は、時間帯の設定です。

Screen Time - Bedtime blocker 時間帯設定 1 Screen Time - Bedtime blocker 時間設定 2 + Auto Block
(右側の画像は、2016年5月15日に差し替え)

時間帯は次の3つの時間を設定して行います。

Bedtime start
Lights out (all apps blocked)
Bedtime end

それぞれの違いについては、下記のコメント欄に説明されています。(上図右のようにコメントが表示されていない時は、青矢印で示された「i」のアイコンをタップしてください。)

Screen Time - Bedtime blocker 注意書き

Android では、「Bedtime start」で設定した時間が来ると、指定されたアプリの使用が制限されます。次に、「Lights out」で指定された時間に、全てのアプリが使用できなくなります。制限は、「Bedtime end」で指定された時間がまで継続します。

iOS では、「Lights out」は無視されます。「Bedtime start」から「Bedtime end」で指定された時間の間、全てのダウンロードされたアプリが制限されるようです。(試していないので確認はしていませんが。)

また、Daily Limit と同様に、「Auto block new apps?」をオンにすることにより、子どもがインストールして追加したアプリを自動的に Bedtime Blocker の対象に設定することができます。

対象となるアプリの指定は、Daily limits と同じですので、省略します。(^^ゞ

「School time blocker」は、学校に行っている時間帯の使用制限の設定です。

設定の仕方は、Bedtime blocker とほぼ同じです。

Screen Time - School time blocker 設定 1 Screen Time - School time blocker 設定 2
(設定画面の画像は、2016年5月15日に差し替え)

School time も、Android と iOS の振る舞いに差があり、Android では、指定された School time の時間帯に、指定されたアプリの仕様が制限されます。また、School time の制限は、週末には適用されません。

iOS では、Bedtime blocker と同様に指定された時間帯に全てのダウンロードされたアプリの使用が制限されるようです。週末にも適用されるかどうかについてはここには記載がありません。(試していないので未確認です。)

また、「Auto block new apps?」をオンにすることにより、子どもがインストールして追加したアプリを自動的に School time blocker の対象として追加することができます。

「Blocked apps」は、常に使用を制限するアプリの設定に使用します。

また、「Auto block new apps?」をオンにすることにより、子どもがインストールして追加したアプリを自動的に Blocked apps の対象として追加することができます。これは有効にしておくと、子どもがインストールした新しいソフトは設定を変更するまで使えず苦情が出そうですので、話し合ってから設定する必要がありそうです。

Screen Time - Blocked apps 設定
(設定画面の画像は、2016年5月15日に差し替え)

Screen Time - Blocked apps 注意書き
(画像は、2016年5月15日に追加)

この機能は、指定のアプリが常時使用できなくなるので、Play ストア や 設定 などを子どもに使わせたくない場合に有効であると書かれています。ただし、iOS では機能しないとのことです。

対象となるアプリの指定は、Daily limits 等と同じですので、省略します。(^^ゞ


使用が制限されたアプリを使用した時どうなるか確認するために、試しに、あるアプリの使用を制限してみます。

Screen time - Blocking app

子どもの端末で、このアプリを使用しようとすると、、、

Screen time - App blocked

見事に?ブロックされて使用できません。

この画面を見ていただくとわかるのですが、DinnerTime Plus と異なるのは、子どもの端末でも、パスワードが分かれば、一時的に制限を外したり、Screen Time をアンインストールすることができる点です。

ただし、子どもの端末でパスワードを入力すると、登録した親のアカウントに下記のようなメールが届きます。

Screen Time - 子どもの端末でパスワード入力すると、、、

Screen Time の子どもの端末にパスワードが正しく入力されたこと、設定と制限が変更できる状況にあること、親(または管理者)が入力したのであれば無視して良いが、子どもが入れた可能性があればパスワードの変更すべき時期ではないか、、、といった感じのメールになります。

設定が終わると、「Settings」の各制限項目の前の記号が変わります。

Screen Time - 設定済み

この例では、「Daily limit」、「Bedtime blocker」、「Blocked Apps」が設定されているので、記号が「✔」に変更されています。
設定されていない「School time blocker」では、記号は「✘」のままです。
  1. 2016/05/14(土) 13:37:26|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Screen Time - 「Pause」を使った子どものスマートフォンの使用制限の方法 | ホーム | デニッシュプレッツェルブラウンシュガー @スターバックス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/479-59a81303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (237)
ガジェット (146)
iOS (79)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (196)
舌下免疫療法 (11)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: