徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI計算尺 No.15

初期の HEMMI計算尺 No.15 と思われる4インチの計算尺を入手しました。

後ほど紹介する裏面の商標の刻印などから、1928年から数年の間の製造と考えられますが、滑尺、カーソル共にスムーズに動き、大きな歪みもなく、大変良い状態の計算尺です。

まずは、表面と固定尺上下のスケールです。(上側がインチ、下側がセンチのスケールになっています。)

Hemmi No.15 表面と固定尺の上下側面
(固定尺上下のスケールの画像は合成しています。)

表面のセルロイドの目盛板は鋲止めされていますが、側面のスケール部分のセルロイドの目盛板は鋲止めされていません。

カーソルは、位取りカーソル付きのA型カーソルです。プレート部分が抜かれていることから、極初期のA型カーソルというわけではなさそうです。

滑尺の下と、滑尺の裏面です。

Hemmi No.15 滑尺下、滑尺裏
(滑尺裏面の画像は合成しています。)

裏面です。

HEMMI No.15 裏面

上下の固定尺をつなぐ金属板には、*"SUN"* のロゴがエンボスされています。金属板の腐食もなく、非常に良い状態です。

計算尺裏側の下の固定尺に刻印されている、商標は、「*"SUN"* HEMMI MADE IN JAPAN」となっており、この計算尺の製造は、1928年以降と考えられます。

先日、J.HEMMI の No.30 を紹介しましたが、こちらは HEMMI なので、初期の4インチ計算尺の No.14 - No.17 は、後継の No.30 - No.33 とある時期に完全に切り替わったわけではなく、多少重複して製造・販売されていた期間があったのではないかと考えられます。

一緒に入手したケースはほつれや大きな痛みも無く、皮も固くもなっておらず、多少の色落ちはあるもの、現在も使用可能な状況でした。

Hemmi No.15 ケース

  1. 2016/06/09(木) 22:49:43|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HEMMI計算尺 VALVE SLIDE RULE | ホーム | 火星最接近>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/495-9e3c63ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (255)
ガジェット (151)
iOS (94)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (207)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (40)
ANA/SFC (16)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: