徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ヘンミ計算尺 No.2664S-S を入手しました

ヘンミ計算尺 No.2664S に続き、No.2664S-S を入手しました。

2664S-S 1

2664S-S 3


今回のものは、プラスチック製のケースに入っていました。

2664S-S 5

製造年月を示す刻印は、「WJ」ですので、1972年10月製です。

2664S-S 4

No.2664S との違いは、いくつか気づきました。(それぞれ製造時期により違いがあると思うので、あくまでも私が入手した個体の差とご理解ください。)

「SUN HEMMIN JAPAN NO.2664S-S」の刻印は表の右側にあること、表面に DI尺 が追加され、A尺がK尺 の下に移動しています。また、No.2664Sでは、C/D/CF/DF尺 に使われているフォントが、A/CI/CIF/K尺 のものと違うが No.2664S-S では同じフォントが使われています。

2664S-S尺の比較

DI尺の追加以外にも、いくつか気づきました。

また、No,2664Sでは、A尺 側の側面にある 13-0-13 のメモリが、No.2664S-S にはありません。(No.2664Sでもないものがあるそうです。)

2664S-S 2

カーソルの金属枠に刻まれている文字も異なります。

No.2664S: SUN HEMMI / JAPAN (SUN HEMMI と JAPAN は向きが逆)
No.2664S-S: HEMMI JAPAN / 刻印なし

裏面の換算比率の数表は、No.2664S は右下がネジ止めされていますが、No.2664S-S ではネジはありません。そのかわり、数表の脇の裏板が4箇所でかしめてあり数表が外れないように工夫されています。No.2664S-S では、数表は若干動きます。

換算表の固定方式

ところで、計算尺の写真を取ると、目盛りがなかなかクリアに写らないし、微妙に計算尺がゆがんだりしてしまいます。上記の目盛りの比較写真はカーソルを外し、スキャナーでスキャンしました。(カーソルを付けたままだとスキャナーの中で計算尺が傾いてしまい、やはり目盛りにボケるところが出てしまいました。うちにある道具ではなかなか綺麗な画像ができません。
  1. 2013/08/03(土) 23:59:00|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1957年9月製造の HEMMI計算尺 No.2664S を入手 | ホーム | ヘンミ計算尺 No.2664S 入手>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/52-9e34b91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (214)
ガジェット (142)
iOS (76)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (184)
舌下免疫療法 (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: