FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ヘンミ計算尺 J.Hemmi No.8

J.Hemmi No.8 は、過去に2回ほど紹介していますが、今回、フレームレスカーソルのものを入手しました。
(過去の記事。1回目2回目 です。)

表面です。

J.Hemmi No.8 表

裏面です。

J.Hemmi No.8 裏

換算表も多少の傷みはありますが、しっかり残っています。

滑尺下の溝です。

J.Hemmi No.8 滑尺下

スケールの延長目盛り(?)と「専売特許第二二一二九 逸見式改良計算尺」(実物は、旧字体で左から右書き)の刻印が刻まれています。

滑尺裏です。

J.Hemmi No.8 滑尺裏

カーソルのレンズは入手時には、梱包の中で、剥がれていましたが、オークションの出品者に尋ねたところ発送までは剥がれていなかったとのことです。で、レンズをカーソルに載せておいておいたら、くっついていて、多少動かしても剥がれませんでした。

J.Hemmi No.8 カーソル

でも、よく見ると、前の接着跡から少しズレていますね。それから、レンズの側面に何やら鉛筆でつけたと思われる印がありますね。ひょっとしたら、前にも剥がれて、元の所有者が場所を合わせる目印に印をつけていたのかもしれません。で、載せておいたらくっついていて、それが輸送中の振動などで、また、剥がれたのかもしれません。

で、剥がしてみました。

J.Hemmi No.8 カーソル レンズを剥がしたところ

さて、手元にある3本ある No.8 の古さを推測してみたいと思います。

年代的には、最初に紹介した手作りカーソルのものが、裏面が全てセルロイドで覆われておらず、一番古いように思います。

次に、2番めに紹介したアルミ板を曲げて作ったカーソルのものと思わます。
そして一番新しいものが今回紹介したフレームレスカーソルの No.8 と考えられます。

もう少し、製造時期を推定できないかと思い、手元にある 1925年版 と 1927年版 のカタログを調べてみました。

1925年版のカタログには、このアルミ板を曲げたカーソルの形状が描かれています。

1925 Catalogue No.8

1927年版のカタログには、フレームレスカーソルの形状が描かれています。

1927 Catalogue No.8

インターネットで調べた 1926年版 のカタログにもフレームレスカーソルが描かれていました。

いつも参考にさせていただいている Paul Ross さんの Hemmi Slide Rule Catalogue Raisonne には、No.8 の製造年代として、「1913 - 1929」と記載されています。

今回入手した J.Hemmi No.8 は、1926年から1929年の間に製造された可能性が高いと推測されます。

  1. 2016/08/28(日) 23:28:46|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広島・宮島旅行 (広島編) | ホーム | iOS 9.3.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/534-5c0d212e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (259)
ガジェット (151)
iOS (94)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (55)
ANA/SFC (16)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: