徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

くまぐすのデータを OneDrive に同期する

miniNoteViewer を使っていた時は、編集したデータをそのまま DropBox に保存していたのですが、「くまぐす」で編集したデータはローカルに保存されてしまい DropBox には保存できませんでした。Android で編集できるようにするために、何らかのソフトでローカルにある 「くまぐす」のデータをクラウドに同期する必要がでてきました。

そこで、2つのソフトを見つけました。Dropsync と OneSync です。名前からわかるように、それぞれ、Dropbox と OneDrive と Android を同期するためのソフトです。(ちなみに、開発元は同じところのようです。)

今回は、OneSync を使って、OneDrive 上に作ったフォルダーと同期するようにしました。

OneSync インストール

OneSync の設定の記録は、長くなったので、追記に記載します。


インストールが終わったら、設定開始。

OneSync 設定開始

「OneDriveへと接続」をタップして、OneDriveに接続、サインインして、OneSync にアクセス許可を与えます。

OneSync OneDrive に接続 1 OneSync OneDrive に接続 3

次に同期するフォルダーを設定します。

OneSync 同期フォルダーの選択 1

Android側 の「くまぐす」のフォルダー"Kumagusu"を、OneDrive側 に作った"Kumagusu"に同期します。

OneSync 同期フォルダーの選択 2
OneSync 同期フォルダーの選択 3

「保存」をタップして設定を完了します。

次に、SDカードへの権限を与えます。

OneSync SDカード書き込み権限設定 1

「OK」をタップして、

OneSync SDカード書き込み権限設定 2

「書き込み権限を有効にします。」をタップ、現れたSDカード の画面でルートフォルダーを選択(そのまま「選択」をタップで多分OK。)

OneSync SDカード書き込み権限設定 3

「アプリはSDカードフォルダーに書き込むことができます。.....」と表示されました。
左上の矢印をタップして戻ります。

フォルダーの同期が完了すると、下のような画面があらわれます。

OneSync 同期完了

右上の「︙」をタップするとメニューが現れます。

OneSync メニュー

「設定」をタップすると、設定のメニューが開きます。

OneSync 設定メニュー

ここで、自動同期の頻度を調整したりすることができます。

「アップグレード」を選択して、広告を削除したり、OneSync Pro、OneSync Ultimate にアップグレードすることができます。

OneSync アップグレード
(図中の価格等は、2017年5月20日の情報です。)
  1. 2017/05/21(日) 09:27:20|
  2. Android
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Hemmi計算尺 No.60/3 | ホーム | iOS 10.3.2 と watchOS 3.2.2 アップデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/673-48c07d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (223)
ガジェット (146)
iOS (77)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (194)
舌下免疫療法 (10)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: