FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

シダトレンはじめました

シダトレンはじめました。

シダトレンとは、スギ花粉症の舌下免疫療法に使用する、シダトレンスギ花粉舌下液のことです。

花粉症の治療として、スギ花粉のエキスを、少量、舌下に垂らして服用することによりスギ花粉症のアレルギー症状を改善することを目的としています。1日1回、少量から服用を始めて、2週間かけて維持量に到達し、さらに年単位で服用します。

詳しくは、シダトレンの製造元の鳥居薬品株式会社のウエブ「トリーさんのアレルゲン治療療法ナビ」をご覧ください。

かれこれ20年以上、毎年、1月末から5月頭まで、3ヶ月以上悩まされてきた花粉症を改善しようと思い、今年から、挑戦してみます。(ヒノキの花粉症も併発していると思うのでそちらはどうなるかわかりませんが。)

まずは、舌下免疫療法を実施している医療機関を見つけなくてはいけません。私は、近所の病院に貼ってある舌下免疫療法のポスターをきっかけに病院を探しましたが、上記の鳥居薬品のサイトから最寄りの医療機関を探すこともできます。最低でも、2~3年は毎月通うことになると思うので、できれば、近所の医療機関がいいのではないかと思います。

診察はまずスギ花粉症であることの確認(のための検査)から始まりました。その後、冊子を使っての治療法の説明などがあり、治療期間(3年以上)、服用方法、諸注意事項、副作用からアナフィラキシーショックの説明までいろいろな説明がありました。

シダトレン冊子

で、会計を済ませ、処方箋をもらって、薬局に行き、増量期用のシダトレンのボトル2本を購入します。

購入したら、医院に戻り、シダトレンに添付されている文書を使って、ボトルの組み立て方の説明、再度、服用法の説明と注意がありました。

シダトレン おくすりについて

そして、医師の前で1回目のシダトレンを服用します。その後、2分間保持(先生が計ってくれました)して薬を飲み込み、その後、待合室で30分待機。また、診察を受け、舌の下や口内が腫れていないかなど確認をして、今日の診察が終了となりました。

診察と検査で合わせて 3,000円、シダトレンの増量期のボトル(1~7日目用と8~14日目用)の2本で 760円 でした。

シダトレン 増量期用ボトル

ディスペンサーをセットした、1~7日目用の青ボトルと、8~14日目用の白いボトルと袋に入ったディスペンサーです。
8日目には、ディスペンサーを自分で組み立てて白いボトルを使用することになります。

シダトレンは冷蔵庫に保管です。

大きな副作用は特に出ていませんが、舌先がちょっとピリピリしたり、喉がムズムズしたりするようにも感じます。特に赤くなってもおらず、気の所為のようにも思います。

服薬のサポートのため、SLITサポート というアプリをダウンロードしてインストールしました。

SLITサポート

  1. 2017/06/20(火) 20:51:11|
  2. 舌下免疫療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカンスコーン 抹茶 | ホーム | IIJmio タイプA SIM を増設>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/690-aaf95d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (259)
ガジェット (151)
iOS (94)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (55)
ANA/SFC (16)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: