徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI計算尺 No.3

J.HEMMI 時代の一桁台の HEMMI計算尺 No.3 を入手しました。

HEMMI No.3 1
(個人名を消すために、裏面の画像を一部修正しています。)

かなり使い込まれていますが、大きな狂いもなく、滑尺もカーソルもスムーズに動き、まだ使用可能な状態です。
換算表はかなり変色してしまっています。


滑尺の下にも目盛りがあり、これは滑尺の左端を使って読むとのことです。

HEMMI No.3

滑尺の左端には金属板がついており、これまたかなりすり減っています。

HEMMI No.3 7

滑尺の下には、下記写真のような特許の刻印もあります。ロゴマークは、当然「J.HEMMI」になっています。戦前のものですので、"SUN"とダブルクォーテーションマークで囲まれていますが、さらに太陽のマークも左右対称のマークになっています。

HEMMI No.3 5

比較のため、以前入手した戦前モデルの No.51/1 の滑尺の下にあるロゴマークを下記に示します。

No.51/1 Logo

また、計算尺の種類の特定のために、計算尺愛好会の計算尺資料館のデータと比較した計算尺資料館の No.3 のデータと今回入手した尺では下記の点が異なっていました。

1.表面の左側には A尺、B尺、C尺、D尺 にはそれぞれの尺度を示す刻印があります。(下記写真参照)
2.裏面にもセルロイドが貼られており竹が露出していません。

ちなみに固定尺下側の側面にはインチ尺が刻まれていました。

HEMMI No.3 3

カーソルは、金属枠がなく、樹脂のランナーに透明なガラス(かアクリル)の板が直接ネジ止めされており、カーソル線は黒で書かれています。

HEMMI No.3 6

こちらは、PATENT No. 51788 だそうです。

ケースも初めて入手したタイプで、厚紙の芯に布張りしたケースのようです。

HEMMI No.3 8

フタの裏側の部分は、表面の布が破れて中の芯が見えています。

HEMMI No.3 10

手荒く扱ったら取れてしまいそうです。

底の部分は布が剥がれかかっていますが、シールが残っており、上段に「4」、中断に「8.50」、下段に「電気用」の文字が残っているのが見受けられます。

HEMMI No.3 9

シールの上段に「4」があることから最初は HEMMI No.4 かとも思ったのですが、No.4 は、位取りカーソル付きとのことですので、今回入手した尺は No.3 と考えています。
  1. 2013/10/31(木) 21:43:07|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HEMMI計算尺 No.2 | ホーム | PEN mini 用電子ビューファインダー VF-4 購入>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blog.gwankai.net/tb.php/80-0f176691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (215)
ガジェット (142)
iOS (76)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (185)
舌下免疫療法 (4)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: