FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

中華電信のSIMを成田空港で購入しました

台湾で、中華電信のプリペイドSIMを利用した話を以前記事にしました。(記事はこちら

中華電信のプリペイドSIMは、実は成田空港を始め日本国内のテレコムスクエアのカウンターで購入することもできます。(詳細はこちら。)

今回は、成田空港第2ターミナルの地下1階にある「モバイルセンター成田第2」で購入しました。

成田空港の空港第2ビル駅の改札口を出て真っすぐ前にある自動ドアを目指して進みます。

モバイルセンター成田第2

自動扉の向う側に、テレコムスクエアのモバイルセンター成田第2があります。

モバイルセンター成田第2

こちらのカウンターで中華電信のプリペイドSIMを購入できます。
購入できるSIMは、5日タイプのデータSIMの一種類、データ通信は無制限、50元相当の無料通話が付属します。

購入の際には、パスポートとそれ以外の身分証明書か搭乗券が必要となります。

中華電信 5 Day Pass of Unlimited Data

台湾で購入するのと同じSIMと契約書の日本語訳、台湾国内でのカスタマー専用ダイヤルの番号、空港カウンターの場所を記した案内、APNの設定についての注意書きを渡されました。

価格は、1,400円。非課税です。

レシート

若干高めの価格ですが、日本国内で予め購入できるのは、台湾到着後に購入する手間が省けるので価格差の分のメリットは有るかと思います。

  1. 2019/07/15(月) 01:30:38|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Logicool CRAYON

iPad mini 5 用に、Logicool の CRAYON を購入しました。

CRAYON 箱

箱の裏側です。

CRAYON 箱、裏側

開封。

CRAYON 開封

タブをもって引き出します。

CRAYON

同梱のクイックスタートガイドなど。とてもシンプル。

CRAYON 同梱物

リンクは、iPad mini 5 の近くで電源ボタンを1秒ほど押すだけ、とっても簡単です。

iPad pro 10.5" 用に、Apple Pencil (第1世代)を所有していましたが、主な使用用途は、OneNote で手書きの図を描くくらいで、
筆圧検知も使わないので、CRAYON に乗り換えることにしました。

CRAYON で、描きました。

大きさ的にも、iPad mini 5 にちょうどいいです。

充電は、後部のキャップを外し、直接 Lighteningケーブル に接続して行います。iPad の本体のコネクタに差し込んで充電する Apple Pencil 第一世代の充電方法は折ってしまいそうで怖いし、アダプターをかいして Lighteningケーブル に接続する方法は、アダプターを持ち歩くのが面倒でした。またアダプターが割れてしまうという問題もありましhた。

CRAYON 充電

キャップは、本体につながっているので無くす心配はありません。

ペン先です。Apple Pencil と同じように見えます。

CRAYON ペン先

ペン本体の側面両側に小さな穴が開いていて、ここに治具を差し込んでペン先の交換ができるようです。

また、Apple Pencil 第1世代は大変転がりやすく、机の上に置くと、コロコロと転がっていってしまうことがありましたが、CRAYON は断面形状が四角なのでそういった心配もありません。

筆圧検知を活用して、本格的に絵を描くという目的にはむきませんが、私のように、手書きでノートにスケッチを追加する程度であれば十分実用的に使用できます。

あえて問題点を上げるとすれば、iPad mini 5 と CRAYON を同時に収納できるケースが見つかってないことぐらいでしょうか。

  1. 2019/05/17(金) 08:09:54|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E-M5 Mark II / RX100M3 / WX350 比較

今年の2月に写真の整理までして、まとめないまま放置されていました。今年は2月よりも、4月のほうが雪が多かったので黙ってアップすればわからないかなぁと思ったのですが、正直に申告しておきます。

さて、私は、現在、下記の3台のカメラを主に使用していますが、どの程度違うのか、比較したことなかったので、飛行機の中から撮った富士山の写真をもとに比較しておきます。

カメラ名と大まかな仕様は下記の通りです。

カメラ諸元

機内から画角がほぼおなじになるようにズームを調整して撮影しました。

E-M5 Mark II
E-M5II

RX100M3
RX100M3

WX350
WX350

オートで撮影した写真のサイズをソフトで50%に縮小して、その上で横幅を揃えて表示しています。
が、その時にうっかりExif情報の保存を忘れて、撮影条件のデータが消えてしまいました。

オリンパスとソニーの画作りの違いがありますが、このサイズであれば、3台ともそれほど差がないように思えます。

山頂部を拡大してみます。

E-M5 Mark II
E-M5II 山頂部

RX100M3
RX100M3 山頂部

WX350
WX350 山頂部

E-M5 Mark II が濃淡がよく表現されて立体感がある画像になっているように思えます。また、WX350 の背景部分はざらつきが目立ちディテールが失われてしまっています。が、意外に差がありません。

次に、大沢崩れの部分を拡大してみます。

E-M5 Mark II
E-M5II 大沢崩れ

RX100M3
RX100M3 大沢崩れ

WX350
WX350 大沢崩れ

登山道らしいジグザクの線などもくっきり出ており E-M5 Mark II が最もよく撮れているように思えます。(そうじゃないと困りますが。)RX100M3 と WX350 には意外に差がありません。

WX350 は、35mm判相当で 500mm までの望遠があります。

WX350 の望遠側、83mm(35mm判で483mm相当) で山頂部を撮ってみました。

WX350 483mm 山頂

35mm判で500mm相当の望遠の威力はすごいです。

私が持つ3台のカメラでは、やはり、E-M5 Mark II が一番表現力がありますが、RX100M3 と WX350 は、画質の面では RX100M3 の方が上ですが、ブログやツイッターに投稿する写真をとるなど普段使いでは、さほど差がないように思えます。

室内であれば、レンズが明るい RX100M3 が圧倒的に有利だと思いますが、明るい屋外では WX350 で十分実用的できであると判断します。さらに、超望遠が必要とされる環境では、高倍率ズームの威力で WX350 が圧倒的に有利です。

結論としては、当たり前ですが、適材適所で使い分けることが必要かと思います。

  1. 2019/05/11(土) 13:52:30|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEC Aterm PA-WG1200CR

WiFi の中継機として、NEC Aterm PA-WG1200CR を導入しました。

Aterm WG1200CR 箱

WG1200CR は、中継機として設定し、WiFi の電波が弱い建物1階の電波状況の改善と、1階に設置したレーザープリンター MFC-8380DN の接続用に利用します。

接続は、付属の「つなぎかたガイド」を参考に、モード切替スイッチを「CNV」に切り替え、「らくらくスタート」を利用して親機に接続します。

Aterm WG1200CR 中継機設定

「らくらくスタート」は初めて利用しましたが、めっちゃ簡単でした。いつもは、必ず手動で設定するのですが、中継モードの時はクイック設定WEBの接続が面倒なので、今回は「らくらくスタート」を利用しました。(参考までにクイック設定WEBの開き方は、こちら。)

接続完了。

Aterm WG1200CR

  1. 2019/03/27(水) 22:18:13|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DELL Inspiron 15 3567 のSSD換装 (3)

SSD換装のために分解をすると、メーカーの保証・サービスが一切受けられなる可能性があります。
すべて、自己責任となります。追記を、読む前に、ご理解ください。

ご同意いただけない方は、追記に記載した記事をお読みにならないようお願い致します。

なお、当ブログの管理人は、分解・改造は行わないことをお勧めします。

続きを読む
  1. 2019/03/21(木) 11:10:38|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (286)
ガジェット (171)
iOS (98)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (89)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: