FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

(続々) JAL回数修行者向け 保安検査場通過問題

JAL回数修行は、2019年2月~3月に行われたJALのシステム変更までは、紙の搭乗券を発券してもらって行うのが良いとされていましたが、システム変更以降、同一空港を出発する搭乗券を複数枚持っている場合、保安検査場通過時にエラーが発生してしまうことが報告されています。「国内線保安検査場特別特別通過証」をカウンターで発行してもらうことにより保安検査場を通行させてもらうことができますが、面倒だということで、ICカードを利用したタッチアンドゴーの確認をしてきました。

今回下記の行程で新千歳空港からタッチを繰り返しましたが、ICカード利用のタッチアンドゴーが、紙の搭乗券よりも回数修行に向いていることが確認できました。(私見です。)

行程

行程は、新千歳から、女満別、青森、花巻の3空港へタッチを繰り返すという回数修行ではありがちなルートです。
新千歳空港では、二回乗り継ぎをしますが、一回目の乗り継ぎは制限区域内での乗り継ぎ、二回目の乗り継ぎでは一度制限区域外へ出てから乗り継ぎます。

また、女満別タッチと青森タッチの4レグは同一予約(予約1)、花巻タッチは別予約(予約2)となります。(異なる予約の間の乗り継ぎに対応しているかを確認します。)

以下6レグ、すべてICカードを利用したタッチアンドゴーで搭乗しました。

① JAL2713 (新千歳 - 女満別)
新千歳空港の保安検査場で発行される「ご搭乗案内」は一枚のみ。

JAL2713 CTS to MMB

② JAL2712 (女満別 - 新千歳)
女満別空港は制限区域内での乗り継ぎができず、一旦、制限区域外に出たあと、再度保安検査を受けることになります。
保安検査場の入り口で発行される「ご搭乗案内」は、新千歳行きのJAL2712に加え、乗り継ぎの青森行きのJAL2803の2枚です。

JAL2712 MMB to CTS

③ JAL2803 (新千歳 - 青森)
新千歳空港に到着したら、地上係員さんに申告します。(地上係員さんの方も乗継便の乗客を探していることが多いです。)
到着したゲートの改札機のところで、ICカードを渡して確認してもらいます。

すると、再度、「ご搭乗案内」が印刷されます。

JAL2803 CTS to AOJ

今度は、出発地の札幌が②の「乗継」から「出発」に変更になっています。

④ JAL2806 (青森 - 新千歳)
青森空港も制限区域内での乗り継ぎができず、一旦、制限区域外に出て、再度保安検査を受けることになります。
保安検査場の入り口で発行される「ご搭乗案内」は、新千歳行きのJAL2806に加え、乗り継ぎの花巻行きのJAL2839の2枚が発行されました。

花巻行きのJAL2832は、新千歳行きのJAL2806とは予約が異なることに注目してください。予約番号が異なっていても、乗り継ぎ情報がきちんと処理されることがわかりました。

JAL2806 AOJ to CTS

今回は、制限区域内で乗り継ぎをせず、一旦、制限区域外に出ることにします。

⑤ JAL2839 (新千歳 - 花巻)
さて、時間になりましたので、花巻行きのJAL2839に搭乗するため、保安検査場へ向かいます。

保安検査場の入り口で、ICカードをリーダーにかざすと、「ご搭乗案内」が印刷されますが、同時に係員の方から、「お乗り継ぎですか?」と確認されました。乗り継ぎの旨を伝えると、「前の空港で印刷されたご搭乗案内を見せてください。」と言われ、④の区間でもらった「ご搭乗案内」を確認された上で、金属探知機のゲートに案内されました。

乗り継ぎがある場合は、最初の区画でもらった「お乗り継ぎ便」の「ご搭乗案内」は大切に持っていなければいけないことがわかりました。

印刷された「ご搭乗案内」は、花巻行きのJAL2839の一枚のみです。

JAL2839 CTS to HNA

⑥ JAL2838 (花巻 - 新千歳)
花巻空港も制限区域内での乗り継ぎができませんので、一旦、制限区域外へ出て、再び保安検査を受けます。

最後の区間ですので、発行される「ご搭乗案内」は一枚のみ。

JAL2838 HNA to CTS

1日6レグの行程を乗ってみて、ICカードを利用したタッチアンドゴーが回数修行での利用に適していることが確認できたと思います。

1.同一空港を複数回出発する行程に対応できる。
2.異なる予約の便の間の乗り継ぎに対応できる。
3.乗り継ぎ中に制限区域外へでても、カウンターで手続きすることなく保安検査を通過できる。
(重要: 前便の保安検査場通過時に発行された乗り継ぎ便の「ご搭乗案内」が必要。)

今後は、回数修行の際は、ICカードを利用したタッチアンドゴーを使っていこうと思います。

現在、一点確認できていないのが、予約便が入れ子になっている場合どうなるかという点。

例えば、JAL101 と JAL116 で、羽田-伊丹間を往復する予約の間に、JAC2321 と JAC2322 で、伊丹-但馬間を往復する別の予約を入れた場合に、ICカードを利用したタッチアンドゴーで対応できるかという点ですが、これはかなり特殊なケースと思われますので、問題になることはあまりないかと思いますが、機会があれば確認してみようかと思います。

  1. 2019/09/15(日) 20:43:09|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Airbus A350の2号機

羽田空港に駐機中のAirbus A350の2号機です。

Airbus A350 2号機
  1. 2019/09/13(金) 11:11:56|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JGCダイヤモンド防衛

JGCダイヤモンドを防衛しました。

JML防衛

回数で防衛です。

  1. 2019/09/09(月) 03:43:08|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

但馬便の機内から竹田城跡を初めて視認しました

8月末に但馬タッチをした際に、伊丹-但馬便(JAC2321便)の機内から初めて確認できました。

羽田空港に到着したところ、伊丹行きのJAL101便が、機材の手配がついていないとかで、搭乗手続きを中断していて焦りました。

JAL101便搭乗手続き中断中

が、その後、無事手続き再開し搭乗できました。

JAC2321便で但馬へ。天候が悪いとのことで、手元には、WX-350しか持っていないそんなときに限って、雲の切れ間から、初めて、機内から竹田城跡が見えました。

肉眼では遺構らしきものも見えたのですが、とっさに電源を入れて撮影したため望遠も使えず、画質が悪いので、切り出してもよく見えず。

竹田城跡

グーグルマップで確認すると確かに見えているはず。

竹田城跡(グーグルマップ)

みるみる雲に覆われて、望遠にした頃には何も見えませんでした。

  1. 2019/09/08(日) 15:41:36|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節運行の伊丹-松本便に搭乗しました

8月のみの季節運行の、伊丹-松本線に搭乗して、松本空港経由で、FDAで新千歳に行き、羽田に戻ってまいりました。

まずは、早朝便で伊丹へ行きます。

JAL101 機材変更で遅延

が、いきなりの機材変更で20分の遅延。早朝便だということもあってか、20分の遅延でも500円の喫茶券がいただけました。
が、ゲートに行くと売店は長蛇の列でとても買う気にはなれず、そのまま搭乗。

信州まつもと空港行き、JAL2271、J-AIR運行のエンブラエル170です。

信州まつもと空港行き

エンブラエル170

気流が悪い中を飛行します。まつもと空港に近づくとようやく地上が見えてきました。

松本

松本空港への着陸は、一旦、空港の横を通り過ぎて、折り返しながら降下するという見るからに難しそうな着陸です。

まつもと空港に着陸しました。

まつもと空港

着陸時は雨は降っていませんでしたが、今にも振りそうな空模様。

ボーディングブリッジを渡って、ターミナルビルへ。

ボーディングブリッジ

そして1階の手荷物受取所へ。

手荷物受取所

手荷物はないので素通りして、到着ロビーへ。

到着ロビー

「大空港2013」に出てきたそのままじゃないですか。

レンタカーカウンターはそのままですが、その前に映画にはなかったものが置いてありますね。

レンタカーカウンター

これも、「大空港2013」に出てきた椅子だ。

1階到着ロビー

FDAのカウンター。私が乗ってきた便の折返しで伊丹へ出発するお客さんの手続き中です。

FDAカウンター

出発側の入口の外にある灰皿。

出発側入り口外の灰皿

このあと本当は信州スカイパークに行くつもりだったのですが、急に大雨が降ってきたため中止して建物内に避難。

エスカレーターを登って2階出発階へ向かいます。

2階出発階への階段とエスカレーター

搭乗待合室の入り口です。

搭乗待合室入り口

保安検査場の横にちょっと暗い小さなロビーがありました。

2階ロビー?

その先に有料待合室があるようなので行ってみると、

有料待合室は使えず

使用できませんでした。(泣)

「大空港2013」にも出てきたレストラン城下町。

レストラン城下町

メニューのフードサンプルがありました。

レストラン城下町のフードサンプル

とんかつラーメンって本当に実在するメニューだったんだと軽く驚きました。

とんかつラーメン

レストラン城下町の隣では期間限定のカフェが営業中でした。

カフェ営業中

が、店員を含めて誰もおらず、、、

更に奥に進むとVIPルームの案内があるものの、VIPルームも使用できず。

VIPルームの案内

一応のぞいてみましたが、電気もついておらず、映画で見たような家具が外に積み上げられている状況。

VIPルームの家具?

気を取り直して展望デッキへ上がってみます。

展望デッキ

雨が小ぶりなっている頃合いを見計らって、外に出て写真を撮ってみましたが、何もおらずつまらないので、下に戻りました。

展望デッキ

展望デッキ

ロビーの吹き抜けです。

ロビーの吹き抜け

ロビーの吹き抜け

まだまだ時間があるので、レストラン城下町に入ってみます。

そばは手打ちということでしたので、鴨そばを注文しました。

鴨そば

鴨肉は薄かったですが美味しいし、汁もまずまずのお味。が、そばは茹ですぎか柔らかすぎるうえに、ぶつぶつに短く切れてしまっており食べづらいことこの上なし。これなら、ウケを狙って、とんかつラーメンにしておくんだったと大後悔。

ほどほどのところで城下町を出て、1階ロビーでしばらく時間を潰し、福岡からFDA便が到着する時間に合わせて展望デッキへと上がりました。雨がぱらつく中待つことしばし、福岡からのFDA機が到着です。

FDAが福岡から到着

この機材に乗って、新千歳に向かうので、写真を撮ったら下におります。

新千歳行きの搭乗ゲートです。

搭乗ゲート

FDAの機内。

FDA機内

ドリンクサービスには、チョコレートが付きました。うれしいですね。

ドリンクサービス

上空はやはり雲が多い。

上空から

新千歳空港到着です。

新千歳空港到着

展望デッキへ行く途中に、新千歳空港のエアポートヒストリーミュージアムをちょっと見学。

新千歳 エアポートヒストリーミュージアム

新千歳 エアポートヒストリーミュージアム

展望デッキの入り口です。

新千歳 展望デッキ入り口

展望デッキ。

新千歳 展望デッキ

雨がパラパラしていたのですぐ退散しました。

JGCエントランスです。

JGCエントランス

こちらがDP専用エントランス。

DPエントランス

ラウンジ入り口の飾り。

ラウンジ入り口

DPラウンジは、伊丹に似てますね。中は混んでいたので写真は撮りませんでした。

コーンスープに粒コーンがたくさん入っていて美味しかった。

B777-200に乗って羽田へ戻りました。

羽田行き

  1. 2019/09/05(木) 23:57:59|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (289)
ガジェット (174)
iOS (98)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (99)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: