FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

空港食堂@那覇空港

南大東島から那覇空港に戻りました。今度は、制限区域外に出ます。

めんそーれ

那覇空港で一番行きたかったところ「空港食堂」に行きます。

出口を出て、先人の情報にあった「琉球銀行」を探します。

空港食堂への入り口

銀行の横の通路を目指します。

空港食堂ののぼりが見えました。

空港食堂ののぼりが見えた

空港食堂です!

空港食堂

ディスプレイ。

ディスプレイ

券売機で食券を買い、係の人に渡したら、着席して番号が呼ばれるのを待ちます。

食堂内の雰囲気です。

空港食堂の雰囲気

注文したのは、ソーキそば。

番号が呼ばれたら、合図をすると、係の人が料理を席まで持ってきてくれる、ちょっと不思議なシステム。

ソーキそば

ソーキもほろほろで、スープもとても美味しくて飲み干してしまいました。

うまい、安い、早い、これからも那覇空港に来たら、空港食堂を利用してしまいそうです。

  1. 2018/10/31(水) 23:00:03|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

区間マイル、わずか8マイルの日本最短路線「北大東島-南大東島」

那覇からは、今回のもう一つの目的、北大東-南大東に搭乗いたしました。
区間マイル、わずか8マイルの日本最短路線です。

那覇空港に着き、まずは腹ごしらえということで、大東寿司を探しましたが、完売。残念。

大東寿司完売、残念。

仕方がないので、ラウンジに行き昼食。

那覇空港ラウンジ入り口

乗り継ぎカウンターで発券が済んでいなかった、南大東から那覇、那覇から羽田の搭乗券を発行してもらおうと思ったところ意外に難航。北大東行きの搭乗開始のアナウンスがあり、慌ててバスゲートに向かうと、最後のバスが待っていました。車椅子のお客様を待つということで、スロープを下ろして待つも肝心のお客様(御一行)が全く現れず、、、

バスにて待機中

10分以上待って、御一行が現れたのは出発時刻の2分前。

搭乗機の、DHC8-Q400CCに乗り込みます。

搭乗機、DHC8-Q400CC

いざ、北大東島に向け出発。

北大東島に向け離陸!

北大東島が見えてきました。

北大東島

空港の滑走路が見えます。

北大東空港の滑走路が見えてきました

海岸線は岩場が目立ちます。船が接岸するのは大変そう。

北大東島の海岸線

岩場はかなり切り立っています。

海岸線の岩場

北大東空港に到着。

北大東空港

北大東島は28℃。暑いです。半袖着ててよかった。

到着口では、南大東に乗り継ぐお客さんは直接搭乗待合室に案内されます。が、搭乗待合室は何もないので、一旦制限エリアから外に出ます。

建物の外に出て、送迎デッキに登ります。

北大東空港

北大東空港 送迎デッキ

送迎デッキから見た搭乗機です。

北大東空港 送迎デッキから

空港の建物内に戻ります。

発着時刻案内。

北大東空港 発着時刻案内

行先、発地の表示小さすぎないですか?

RACのカウンターです。

北大東空港 RACカウンター

搭乗機を正面から撮りました。

搭乗機 正面から

優先搭乗したので、那覇では撮れなかった機内の様子をパチリ。

搭乗機 客室

南大東島までの飛行時間は7分とのこと。iPhoneSE で離陸から着陸までを録画してみました。



南大東島に到着。

南大東空港

南大東島では専用の到着口ではなく、出発口から搭乗待合室に入り、金属探知機をくぐって制限区域外に出ました。

ここでも那覇に乗り継ぐお客と到着客は分離され、那覇に乗り継ぐ場合は搭乗待合室に残ることができますが、やはりトイレもありませんので、外に出ます。

南大東空港 ロビー

空港ビルを外から撮影してみました。

大東空港 外から

南大東空港

送迎デッキに上がります。かなり目の細かいフェンスが張られており、あまり撮影向きだはありません。

送迎デッキ3階へ上る階段です。

送迎デッキ3階へ

送迎デッキ3階。

送迎デッキ3階

フェンスの隙間から、iPhone で撮りました。

3階から見た搭乗機

定刻の12分も前にドアが締まり、那覇に向け離陸。

那覇に向け離陸

バイバイ、南大東島。

南大東島

那覇に着きました。

那覇

  1. 2018/10/30(火) 22:14:24|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奄美群島アイランドホッピングルート(奄美大島→那覇)

福岡から奄美大島に行き、奄美大島から沖縄(那覇)まで、2018年7月1日開設の奄美群島アイランドホッピングルートで移動しました。

奄美群島アイランドホッピングルート

まずは、奄美空港から出発です。

奄美空港保安検査場入り口

徳之島行きの搭乗ゲートです。

徳之島行き搭乗ゲート

搭乗機はハイビスカス塗装のJA02JCです。

搭乗機 JA02JC

座席は始めての1Dです。

座席は1D

1Dから客室を見るとこんな感じ。

1Dからの景色

1Dの機窓から。

1Dの機窓から

奄美大島の海が綺麗でした。

奄美大島

徳之島空港着陸。

徳之島空港着陸

1Dは、Gのかかり方が他の座席と全然違います。貴重な体験でした。

徳之島空港のターミナルビルです。

徳之島空港ターミナルビル

徳之島空港に着陸したATR機。

徳之島空港降機

沖永良部行きの搭乗ゲート。

沖永良部空港行きゲート

パタパタの行き先表示が見づらいので拡大してみます。

沖永良部行き行き先表示に注目

「沖縄(那覇)行き (沖永良部経由)」と書かれていました。

沖永良部島です。

沖永良部島

沖永良部空港に着陸。

沖永良部空港着陸

ターミナルビル。

沖永良部空港ターミナルビル

このビルの向かって右側の横に送迎デッキへ通じる階段があります。

沖永良部空港ターミナルビル横の送迎デッキへの階段(/a>

送迎デッキと言っても単なる屋根。

沖永良部空港送迎デッキ

出発準備中のATR機。

出発準備中のATR機

沖永良部空港を離陸。

沖永良部空港離陸

上昇中に見えた沖永良部島。

上昇中

与論島の近くを通過して、沖縄へ。那覇空港に向けて降下中。

那覇降下中

那覇空港に着陸。

那覇空港着陸

タキシング中にJTAのジンベイザメジェットが見えました。

タキシング中にジンベイザメが見えました

バス到着ゲート。

バス到着ゲート

ここでは、到着口から外には出ず、乗り継ぎルートで制限区域内に戻ります。

初、那覇空港です。

  1. 2018/10/27(土) 23:33:39|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡 経由 奄美大島まで

福岡に所用で行きましたので、その機会を使って、奄美大島から沖縄までのアイランドホッピングルートと北大東島・南大東島間の日本最短路線に搭乗しました。その際に、福岡のDPラウンジを初訪問しましたので、まずはその紹介から始めたいと思います。

羽田空港から、冠雪した富士山が見えました。

DPラウンジから見える富士山

福岡行きの搭乗ゲートと搭乗機です。

搭乗ゲート

搭乗機

機中からも富士山がよく見えました。

富士山、機中から

この日は、福岡市内で所用があり、そのまま博多近辺のホテルに宿泊でした。

翌日、早起きをして始発の地下鉄で福岡空港に向かいます。

博多駅始発の地下鉄で福岡空港へ

早朝にもかかわらず、JALのカウンターは結構混雑していました。

JALカウンター

JGC、DPの専用保安検査場入り口から入ります。

JAL専用保安検査場入り口

保安検査場を通過して、エスカレーターでラウンジへ。

ラウンジへのエスカレーター

ラウンジの受付。

ラウンジのレセプション

ここまでは、以前も来たことがあります。が、JGP以降に福岡に来たことがなかったので、DPラウンジは初体験です。

DPラウンジの入口。

DPラウンジ入り口

期待が高まります。

クロークです。

福岡DPラウンジ

陶器が飾られています。

福岡DPラウンジ

ラウンジ内。

福岡DPラウンジ

福岡DPラウンジ

福岡DPラウンジ

前から、食べたかった鶏めしのおにぎりをいただきました。

福岡DPラウンジ 鶏めしおにぎり

美味しかった!

時間もあまりないので、ゲートへ向かいます。工事中のエリアをかなり歩きます。

ゲート12への道

ゲート12への道

ゲート12への道

かなり狭いところもありますね。

ゲート12は、色々な行き先の便が共同で使っていて、後ろのドアからバスに乗って搭乗機へ向かいます。

ゲート12

奄美行きです。

奄美行きゲート
搭乗機。エンブラエル170です。

搭乗機
/>

飛行中、ギャレーからボトボトと水が滴る音がするので見てみたら、なぜかコーヒーが溢れてこぼれていました。

コーヒー溢れてます

奄美空港へ到着。修行中は、雨の日が多くて青空の奄美空港は初めてかもしれません。

奄美空港

次は、奄美群島アイランドホッピングルートに続きます。

  1. 2018/10/26(金) 02:10:07|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊丹スカイパーク

先日、ATR機「コウノトリ号」の就航に合わせて伊丹に行った際に、前日午後早めに到着し、伊丹スカイパークに初めて行ってきました。

伊丹空港に到着すると滑走路に沿って見えるあの公園です。

伊丹空港からは、伊丹市営バス25系統(乗り場7番)にのり、伊丹スカイパーク・上須古まで行きます。

伊丹空港 バス停7番

バス停の7番から、JR伊丹駅行きに乗ります。直行の26系統は、伊丹スカイパーク・上須古に停まりませんので注意が必要です。

運行系統図、時刻表など拡大して載せておきます。

バス運行系統図

概ね、1時間2、3本ですが、1時間に1本の時間帯もあるのでご注意ください。

運賃は先払い、210円でした。(2018年10月現在)

バスで15分ほどで、伊丹スカイパーク・上須古バス停に到着。

伊丹スカイパーク・上須古バス停

来た方向に向かって、少し戻ります。北エントランスの端にある看板が目印です。

伊丹スカイパーク ノースエントランス

駐車場の先まで歩道を歩き、入り口から伊丹スカイパークに入ります。

マップがありました。

伊丹スカイパーク 園内マップ

後ろの建物は、パークセンター。

伊丹スカイパーク パークセンター

パークセンターには、トイレやエレベーターがあります。また、伊丹スカイパークに行った日は台風の影響で強い風がふいていたのでカメラのレンズ交換等はこの建物の中でやらせてもらいました。

早速、撮影開始。

伊丹スカイパーク ANA機

ところが、伊丹スカイパークは滑走路に近すぎて、持ってきた望遠ズーム 75-300mm(35mm換算:150-600mm)では、倍率が高すぎて大型機の全景を横からとらえることができませんでした。

流し撮りにも初調挑戦。75mmで1/60秒でなんとなく流し撮りっぽいのが撮れました。

伊丹スカイパーク J-AIR機 離陸滑走中

走行しているうちに、羽田から乗ってきた 777 が羽田に帰っていきます。滑走中は全体を捉えられなかったので、上空で旋回しているところをパチリ。

伊丹スカイパーク 羽田から搭乗してきた機材が羽田に飛んでいきます

ANAのスーパードルフィン。これって、かなり古い機体だよね。

伊丹スカイパーク ANA スーパードルフィン

そうこうしているうちに、やっと、但馬行きのJAC2323と思われるATR機が駐機場から移動を始めました。

なかなか真正面から撮れないので、タクシー中にパチリ。

伊丹スカイパーク JAC2323 正面から

今度は、誘導路移動中に側面から。

伊丹スカイパーク JAC2323 レジ番 JA03JC

レジ番は、JA03JC でした。駐機場に停まっているときからわかってはいましたが、コウノトリ塗装ではありませんでした。前日の夕方と当日の朝は同一機材が多いのでひょっとしたら公式初飛来の前にと思ったのですが、はずれました。(JA05JCは、引き渡し前に但馬に飛来していた可能性が非常に高いです。羽田空港滑走路生涯の影響で羽田へ戻る便が欠航になったため乗れませんでしたが、伊丹空港で写真は撮りました。その記事はこちら。)

JAC2323は、なかなか離陸せず、かなり長い時間誘導路上で待機していました。

その間に撮った写真がこちら。

IBEX の CRJ-700 です。

伊丹スカイパーク IBEXのCRJ700

ANAの機材。777かな?

伊丹スカイパーク ANA機

で、他にも色々飛んだあとで JAC2323 が離陸したのですが、残念ながら、撮影に失敗してしまいました。ボケボケ。ピントをセンターのスポットで合わせていたのですが、うまく機体に合わせられず失敗。オートフォーカスで撮ればよかった。

JAC2323 の出発を見届けたので、伊丹スカイパークを後にして、ホテルへ向かいました。帰りは、バスに乗って JR伊丹駅まで行き、そこからホテルの最寄駅までJRで向かいました。

  1. 2018/10/13(土) 17:15:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪伊丹空港 カフェテリア オアシス

大阪伊丹空港に、主に空港に勤務されている方を対象とした「オアシス」という名前の食堂があり、非常に見つけづらいが一般の利用者も使用できるという話はインターネット等で情報を得て知っていました。

2018年の3月末頃に、看板は発見したのですが、ご覧のような状況で立ち入る勇気が出ず、利用することはできませんでした。

オアシス発見するも行けず。2018年3月

今回、時間がありましたので、再度、チャレンジ。無事に朝食をいただくことができました。

まずは、オアシスの場所ですが、伊丹空港のフロアマップには出ていませんので、おおよその場所を、フロアマップに記入しました。
オアシスの場所

北ターミナル(JAL側)の1階から中央ブロックにでてすぐローソンの手前の休憩所の横が入り口です。

オアシス 順路 入り口

マップ及び写真に①と印つけたあたりまで進むと、オアシスの看板が見えます。

オアシス 順路 ①から見たところ

小さくて見づらいので、青矢印の先に拡大してみました。

赤い矢印がついているオアシスの看板の下、ちょっと暗い部分に向かって進みます。

マップ及び写真に②と印をつけたところから撮った写真です。

オアシス 順路 ②から見たところ

写真向かって右側、明かりがついたオアシスの看板の下に鉄の扉があります。(赤い矢印で示したところ。)
「関係者以外立ち入り禁止」の表示があり、開けるのをちょっと躊躇いますが、開けて中には入ります。

オアシス

無事、目的地のオアシスに到着です。

朝の時間帯でしたので、営業はモーニングメニュー。

オアシス モーニングメニュー

券売機で食券を買います。

オアシス 券売機

3品朝食にしました。

オアシス 3品朝食

小鉢は、おいてある中から3品を自分で選びます。これで、500円は安い。

早朝で空いていましたので、他のお客さんがいらっしゃらないところを写真におさめました。

オアシス 店内

オアシス 店内

奥にももう少し客席があったのですが、他のお客さんがいらっしゃいましたので、撮影は遠慮しました。

空港に勤務されている方を主な対象としているとのことですが、これからもお邪魔にならないように注意しながら、時々利用させていただきたいと思います。

  1. 2018/10/13(土) 14:32:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

航空神社 新橋

台風25号が接近する中、コウノトリ号に搭乗して但馬空港へ行ったのですが、無事フライトできるように、新橋の航空神社にお詣りして、お守りを頂いてきました。

航空神社は、JR新橋駅、地下鉄新橋駅・内幸町駅から徒歩数分の航空会館の屋上にあります。

航空会館

詳しい案内はウエブでご確認ください。

http://www.aero.or.jp/jinjya/jinjya.html

航空会館の中のエレベーターで9階まで行きます。
エレベーターホールからは案内に従って、屋上に出ます。

ドアを開けると冷却塔があり、ちょっとびっくりしますが、その脇の通路を進むとお社がお祀りしてあります。

航空神社

エレベーターホールでは3週類のお守りをいただくことができます。代金は賽銭箱の中に自分で入れます。

航空神社お守り

  1. 2018/10/08(月) 10:52:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」に搭乗しました

但馬空港ターミナル㈱所有の ATR機 (レジ番 JA05JC)にコウノトリの塗装を施した「コウノトリ号」が就航する10月6日のフライトに搭乗してきました。

記者発表資料 但馬オリジナル ATR機「コウノトリ号」の就航

伊丹空港に掲示されていたポスターです。

コウノトリ号就航ポスター

伊丹空港で駐機中の「コウノトリ号」。

伊丹空港で駐機中のコウノトリ号

搭乗は、安定のバスゲート23Aから。

安定のバスゲート23A

なにやら「REMARK」がある。

条件付き運行!

条件付き運行です。折しも台風25号接近中でした。

バスの中から見たコウノトリ塗装です。伊丹空港は雨が降ったり止んだりでした。

バスの中から

伊丹空港離陸後、しばらくしたら雲海の上を飛行しました。

航路上、雲海の上を飛行中

但馬空港に近づき降下を始めると揺れだしましたが、雲の下に出ると揺れも収まり、なんと、虹が見えました。

但馬に近づいたら虹が見えました

但馬に近づいたら虹が見えました

きれいな虹に、着陸の無事を確信しました。

一度の旋回もなく、着陸滑走中にも風の影響を感じましたが、一回で着陸。

ターミナルへ向かう間にも、就航セレモニーの様子が見えます。

セレモニー

テントには金管バンド(豊岡市立五荘小学校の皆さん)が控えているのもよく見えました。展望デッキから、沢山の歓迎を受けました。そして、金管バンドの生演奏の中、降機しました。

セレモニー

降機して尾部の塗装の写真をとりました。

尾部の塗装

到着口の前のテントで記念品をいただきました。

到着口前で記念品を受け取りました

展望デッキへ上がり、コウノトリ号を撮影。この頃から、雨が降ってきました。

展望デッキから

折返しの伊丹便へ搭乗中は、雨が小ぶりになり傘をさす必要はありませんでした。

伊丹行きに搭乗

が、搭乗してしばらくすると、雨がかなり降ってきました。

雨が降ってきました

雨の中、見送りの皆さんに手を振っていただきながら出発です。エプロンでは、機体をターンして、両側をターミナルで見送っていただく方々に披露して滑走路に向かいました。

離陸後はやはり雲海の上を飛行。

雲海の上を飛行

大阪に近づくと雲が切れて、大阪城がよく見えました。

大阪に近づくと雲が切れ、大阪城が見えました

頂いた記念品です。

まずは、バッグ。

記念品のバッグ

中身です。

記念品の内容物

クリアファイルの中は、ポスターや、コウノトリ号のペーパークラフト、それから、パンフレット。

パンフ等

入浴剤。

入浴剤

そして、ペンです。

ボールペン

こういった記念フライトは始めての経験でしたが、参加してよかったです。

  1. 2018/10/07(日) 23:34:12|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (291)
ガジェット (174)
iOS (99)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (107)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: