FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

iOS アップデート

アップデートが出てました。

fc2blog_20190123085232a23.jpg

  1. 2019/01/23(水) 08:53:28|
  2. iOS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAL DREAM EXPRESS 90

伊丹から羽田まで、JAL DREAM EXPRESS 90 に搭乗しました。

少し早い便で伊丹に付き、展望デッキで DREAM EXPRESS の到着を待ちます。

着陸。

JAL DREAM EXPRESS 90 伊丹空港着陸

駐機場へ。

JAL DREAM EXPRESS 90 タキシング中

向きを変え、

JAL DREAM EXPRESS 90 タキシング中

スポットへ駐機。

JAL DREAM EXPRESS 90 スポットへ駐機

搭乗時にボーディングブリッジから。

JAL DREAM EXPRESS 90 ボーディングブリッジから

機内です。ヘッドレストカバーもミッキー。

JAL DREAM EXPRESS 90 機内

もちろん紙コップも。しかも、何種類かあったようです。

JAL DREAM EXPRESS 90 紙コップ

そして降機時には、搭乗証明証が手渡されました。

JAL DREAM EXPRESS 90 搭乗証明証

  1. 2019/01/22(火) 02:25:17|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊丹空港なう

久しぶりに、伊丹空港に行ったら、出発ロビーのお土産物屋さんが軒並みクローズして、さびしい状態に。

ITM JAL側出発ロビー

ダイヤモンド・プレミアの専用保安検査場入り口も移動してしまっていました。

ITM 変更告知

ITM 専用保安検査場入り口

  1. 2019/01/19(土) 01:03:38|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西郷公園 鹿児島空港周辺散策

鹿児島に到着して、種子島タッチに出るまで、少し時間があったので鹿児島空港内および周辺を散策しました。

駐機場には先日初便に搭乗した ATR72-600 が、また、遠方に白無垢になった Q400 が3機駐機していました。

ATR72-600 です。

ATR72-600

ボンQは展望デッキからもよく見えなかったので、空港外に出て写真を撮影しました。

白無垢のボンQ

その後、いつも開園時間には空港近辺におらず中を見学できなかった西郷公園に行きました。

西郷公園

入場料は無料です。

中庭に沿って、展示物がありました。中には、ドラマで使われた衣装まで。

西郷公園

西郷公園

入口の反対側には、巨大な西郷さんの像がありました。

西郷隆盛像

見学を終えて空港に戻りました。出発ロビーには正月飾りがありました。

鹿児島空港 正月飾り

まだ時間がありましたので、カードラウンジ「菜の花」へ。

カードラウンジ菜の花

しばらく時間を潰し、種子島タッチへ出発しました。

  1. 2019/01/11(金) 22:39:17|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年、初フライト、初サーブ

2019年の初フライトのため、家を出発しました。なんと、外気温は、-4℃。

外気温 -4℃

福岡での滞在時間を延ばしたくて予定よりも早い便に変更しました。

2019年の初フライトは、JL307便 福岡行きです。

搭乗口

搭乗機は、ボーイング 777-200 です。着前の変更のため窓側は取れず、機中からの写真はありません。どうせ曇ってて何も見えないからと自らを慰めます。

福岡空港に到着。新しい11番ゲートです。

ブリッジからの通路は出発側と完全に分離しています。

新しい到着口

新しい到着口

到着出口。

到着出口

早く着きましたので、地下鉄で博多まで行き、KITTE の ShinShinラーメンで昼食をいただきます。

SinShinらーめん

セットの餃子

おいしいよ~。ラーメンと餃子だけでよかったのですが、セットにするとご飯がついてきます。

DPラウンジに行き、鶏めしのおにぎりとカレーパンをいただきます。

DPラウンジで

バス搭乗のため、バス待合室へ向かいます。

バス待合室入り口

搭乗ゲート。次は鹿児島行きです。福岡から鹿児島は一日一便、サーブが飛んでいます。

ゲート

やはり、雲の上の飛行が続きます。

雲の上から

鹿児島の市街地が見えてきました。SONY と屋根に書いてあるのは、ソニー国分工場でしょうか?

鹿児島到着

鹿児島空港に到着。

そして、種子島に向け出発準備中の SaaB340B です。

種子島に出発準備中

種子島に向け飛行中です。

飛行中

種子島空港に向け降下中です。

種子島空港に向け降下中

種子島空港ビル。

種子島空港ビル

展望デッキに上がり、鹿児島空空港行きの SaaB を写真におさめます。

ようこそ、但馬へ

やっぱり、「ようこそ、但馬へ」のデカールが付いた機材でした。もう但馬へ飛ぶことはないのに、デカールはそのままなんですね。

これに乗って、鹿児島へ戻ります。

  1. 2019/01/11(金) 14:40:33|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DELL Inspiron 11 (3168) メモリー増設・SSD大容量化

家族がPCを買い替えて使わなくなった Dell の Inspiron 11 (3168) のメモリを 8Mバイト に増設、128GB と心もとないサイズの SSD を大容量のものに換装して自分用として使用することにしました。

まずは、PCを初期状態に戻します。

「設定」を起動し、「更新とセキュリティ」、「回復」と進みます。

設定

更新とセキュリティ

回復

「このPCを初期状態に戻す」を選択。

このPCを初期状態に戻す

何も残さなくていいので、オプションは「すべて削除する」です。

すべて削除する

ドライブのクリーニングは自宅使用なので必要なし。

初期化中

Windows 10 をインストールします。今回は、Windows 10 をクリーンインストール後の環境をそのまま新しい SSD に移行します。

今回、換装用に用意した 500GB の SSD Samasung 860 EVO と DDR3L 8GB のメモリーです。メモリーは、必ず、DDR3L (低電圧)対応のものが必要です。どちらも Amazon で購入しました。

購入したSSDとメモリー

860 EVO のパッケージの内容物です。

860 EVO の内容物

860 EVO には、ソフトウエアが付属しないので、必要なソフトウエアは、Samsung のサイトからダウンロードします。

換装に必要なのは、Data Migration Tool です。

Data Migration Tool

Data Migration Tool を起動します。

Data Migration Tool 起動

新しい SSD は、ケースに入れて、USB経由で、Inspiron 11 に接続します。ケースは、以前も使用した ORICO のSATA USB 3.0対応 の 2.5インチ の外付けのハードディスクケースです。

SSDは一旦ケースに入れ、PCにUSBで接続

860 EVO が入ったケースを、USB に接続すると、Data Migration Tool で認識されターゲットディスクとして表示されます。

SSD 接続

このまま、複製を開始します。

SSD 複製開始

ディスクの複製中です。

SSD 複製中

ディスクの複製は 50分 ほどで完了しました。

SSD 複製完了

これで、準備は終わりましたので、Inspron 11 の電源を落とし、分解に入ります。

長くなりますので、以降は追記に記載します。

なお、メモリー・SSD換装のために分解をすると、メーカーの保証・サービスが一切受けられなくなります。すべて、自己責任となります。追記を、読む前に、ご理解ください。

ご同意いただけない方は、追記に記載した記事をお読みにならないようお願い致します。

なお、当ブログの管理人は、分解・改造は行わないことをお勧めします。

続きを読む
  1. 2019/01/04(金) 23:05:04|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (286)
ガジェット (171)
iOS (98)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (89)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: