FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

羽田空港で Airbus A350 を見ました

Airbus A350 です。

Airbus A350

  1. 2019/06/26(水) 00:33:19|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAL回数修行者向け 保安検査場通過問題

###########
2019年の後半(時期は不明)になんらかのシステムまたは運用の変更があり、同一空港を出発する紙の搭乗券を複数枚持っていてもエラーが発生しないようになったようです。(2020年1月に確認。関連記事はコチラ。)
したがって、JAL回数修行時は、紙の搭乗券でも、ICカード利用のタッチアンドゴーでも利便性に大差ないものと思われます。
この記事については、記録の意味もかねて変更、削除せず掲載しています。
(2020年2月3日追記。)
###########


JALの回数修行をしていると、同じ空港を何度も出発したり、同じ区間を何度も飛ぶことがよくあります。2019年の2月~3月に行われたJAL空港システムの更新までは紙の搭乗券を発券してもらうことでほとんどの問題が解消しました。

ところが、新システム導入以降、紙の搭乗券でも、eチケットお客さま控えの2次元バーコードでも対応できないケースが発生するようになりました。今回は、この問題と私が考えている対応策について考えてみたいと思います。

(2019年6月23日追記)ツイッターでフォロワーさんから、以前とは逆になりますが、ICカード利用のタッチアンドゴーでは問題なかったとの情報をいただきました。機会を見つけて確認してみたいと思います。(追記終わり)
(2019年8月3日追記)ICカードを利用したタッチアンドゴーを利用した場合、同じ空港を2度出発しても、保安検査場でエラーが発生しないことを確認しました。こちらの記事をご覧ください。)

そもそも普通に考えたらないような不思議な飛び方をするこちらがおかしいのでJALの新システムについて文句を言う気はサラサラないのですが、少しでもスムーズに対応できるようにしたいと考えています。

なお、以下に記載したことは、JALの公式発表等ではなく、私が体験により見出したものがほとんどです。誤り等ある場合があるかと思いますので、記載内容について、航空会社(JAL)や空港に問い合わせたりすることは絶対にお控えください。また、空港の係員の方から、以下の記載と異なる指示を受けた場合は、空港の係員の方の指示に必ず従ってください。

さらに、記載内容の誤り等により発生した一切の不都合や損害については、私は責任を負うことはできません。記載内容の誤りについては、ご連絡をいただきましたら、確認が取れ次第、できるだけ速やかに修正はいたします。(業務等があり、対応が遅れることがあるのはご了承ください。)

ご了承いただけた方のみ、追記部分に記載された記事をお読みください。

続きを読む
  1. 2019/06/16(日) 20:34:10|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロッケン現象

こちらは先日JAL101便で大阪へ行ったときのもの。画像のサイズを変更した以外は無加工です。
肉眼では虹が二重に見えたのですが。

JL101 ブロッケン現象

こちらは、石垣から宮古へ向かうRAC838便の横、ほぼ水平の位置にある雲に映った自機の影とブロッケン現象の虹です。
光が薄くてそのままでは殆ど見えないので加工しています。撮影時間は、18:53。雲ギリギリのところを飛行中に自機の右側には雲の壁があり左側の雲が薄くなって左側から日がさした僅かの間だけ見ることができました。

RAC838 自機の横にブロッケン現象

  1. 2019/06/16(日) 11:27:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JGCプレミア防衛

JGCプレミア防衛を果たしました。これで2020年度もJGPを確定しました。

JGP到達通知メール

  1. 2019/06/16(日) 02:31:26|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コウノトリ号

雨上がりの但馬空港で、コウノトリ号。

コウノトリ号

コウノトリの特別塗装がきれいに撮れました。

  1. 2019/06/13(木) 00:29:29|
  2. JAL/JGC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊丹スカイパーク訪問

一ヶ月ほど前のことですが、千里川土手から一旦伊丹空港に戻り、食事をしてから、伊丹市営バスで伊丹スカイパークへ行きました。

バス停から近い北エントランスから入ります。

伊丹スカイパーク

伊丹スカイパーク

前回、時間切れで行けなかった、南エントランスまで行きました。

着陸機 A1

がんばれ!ラクビー日本代表の特別塗装機が着陸してきました。

着陸機 B1

着陸機 B2

この日は風が非常に強く、着陸機が機首をほとんどスカイパークに向けて降りてきました。

着陸機 C1

着陸機 C2

帰りにパークセンターの中を見学していると、航空管制レーダーの展示があることに気づきました。

航空管制レーダー展示

  1. 2019/06/10(月) 00:37:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千里川土手で撮影した写真

千里川土手で取った写真をとりあえずアップしておきます。

離陸機 A1

離陸機 A4

離陸機 A5

着陸機 B1 CRJ-700

着陸機 C2

着陸機 C3

離陸機 D1

離陸機 D3

離陸機 D4

着陸機 H1

着陸機 H2

  1. 2019/06/09(日) 23:57:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千里川土手訪問

もう、ひと月近く前になるのですが、ず~~~っと行きたかった千里川土手に行ってまいりました。

まずは、伊丹空港からの行き方から復習します。

空港を出て、大阪モノレールで蛍池に行きます。

大阪モノレールの大阪空港駅です。

大阪モノレール 大阪空港駅

大阪モノレール 大阪空港駅

このモノレールに乗ります。一駅です。

大阪モノレール

蛍池駅に到着です。

大阪モノレール 蛍池駅

改札を出たら、阪急宝塚線を目指します。

阪急線に乗り換え

阪急宝塚線で曽根駅に向かいます。

10分に1本ぐらい来る梅田行きに乗ればいいのですが、注意しなければいけないのは、曽根駅には急行は止まらないということです。下記の停車駅の案内をご参考ください。

阪急宝塚線 停車駅

私は、梅田行きの普通電車に乗りました。

梅田行き 普通電車

曽根駅から千里川土手までは今回は徒歩で行きました。Runtasticのデータだと1.65kmで20分程かかりました。

曽根駅から千里川土手までの経路

曽根駅の改札を出たところにある「原田しろあと館」の看板が参考になります。

曽根駅を出たところ

そちらの側に曲がると、商店街の入口があるのでこの道をほぼ道なりに進みます。

商店街をほぼ道なりに進みます

小学校の横を通り過ぎ、阪神高速11号池田線の高架が見えるまで進みます。
大体の方角があっていれば、高速道路の高架を見逃すことはないでしょう。

歩道橋を使って向かい側に渡ります。

歩道橋

高架に背を向けてずんずん進みます。

千里川の土手と梨高橋が見えてきます。

梨高橋が見えてきました。もう少しです。

梨高橋です。

梨高橋

車は通行できません。

手前側の土手の車止めの杭の間を進むと、千里川を挟んで空港の対岸の土手に出ます。

梨高橋の手前が千里川を挟んで空港の対岸

梨高橋を渡ると、空港側の土手です。

梨高橋をわたります

空港側の土手の入り口にも車止めがあります。

空港側の土手の入り口

まずは、空港の対岸から行ってみます。見てわかりますが、道路は未舗装ですので動きやすい靴が必要です。

土手を歩いていくと、千里川の上に誘導設備の一部が設置されています。

空港の誘導設備

道を挟んで反対側にも。

空港の誘導設備

ちょうど着陸機が飛んできました。

着陸機着た

頭の上をすごい迫力で飛んできました。

頭上を大迫力で越えていきました

着陸機が通り過ぎると強い風を感じました。

離陸滑走を始める直前の離陸機です。

着陸

対岸に渡るのには、梨高橋まで戻るか、そのまま進んで原田大橋までいくかのどちらかになります。

原田大橋です。

原田大橋

原田大橋から空港側を見てみました。

原田大橋から見た千里川

先程の場所までかなり距離があるのがわかると思います。徒歩だと対岸まで行くのにかなりかかります。

空港側の土手です。土手の下に降りると、フェンスがそれなりに高いので撮影には工夫が必要です。

空港側の土手

2時間ほど滞在したのですが、よく晴れた日だったので、すっかり日焼けをしてしましました。
ご覧の通り、日を遮るものは一切ありません。夏は、帽子だけじゃなくて、それ以上に日焼け対策をしないと行けないです。
冬は吹きっ晒なのでとても寒そうです。

でも、それを補って余りある楽しさがありました。今度は、レンタサイクルを借りて、できれば夜に訪れてみたいと思います。

この後は、一旦空港に戻り食事をして、スカイパークに行きました。が、レンタサイクルがあればどちらも一度に行くことができると思います。

  1. 2019/06/09(日) 22:34:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オトシブミ その後

先日、オトシブミの揺藍を見つけたと報告しました。(こちらの記事です。)

無事、羽化して巣立っていきました。

巣立ち後の揺藍です。穴が開いています。

オトシブミ 巣立ち後の揺藍

オトシブミ 巣立ち後の揺藍

巣立ち後の成虫と思われるオトシブミが同じ木の葉を食べていました。

オトシブミ 成虫

触覚を伸ばしている写真を追加します。

オトシブミ 成虫2

  1. 2019/06/03(月) 08:07:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (298)
ガジェット (176)
iOS (99)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (129)
ANA/SFC (19)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: