FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

HEMMI計算尺 No.1/1

オークションで製品名がでておらず、改良A型カーソルなので No.47 かと思ったのですが、目盛りがボックス型だし、裏面の窓の形が私の持っている No.47 とは異なることから、ひょっとして No.1/1 ではと思いスタート値で競り落としました。

届いた計算尺を見ると、やはり No.1/1 でした。

HEMMI No.1/1 表

商標は、「*"SUN"* HEMMI」 で 「MADE IN JAPAN」の刻印もあることから戦前の計算尺と推測できます。
計算尺の厚みもおよそ 10mm で、No.47 より厚くなっています。
また、目盛板のセルロイドの両端の鋲が無いこと、尺度の表示(A/B/C/D)があることから後期の No.1/1 と考えられます。

HEMMI No.1/1 裏

裏面の換算表は印字が殆ど消えてしまっていますが、目立ったアルミの腐食もなく状態はなかなか良いです。
裏面の窓は、 No.47 では、左側は小さく、右側は大きく切られていますが、この計算尺は、両側とも大きく切られています。

HEMMI No.1/1 滑尺下、滑尺裏
(滑尺溝の記名部分を加工してあります。また、滑尺裏の写真は合成しています。)

滑尺の溝には、特許の刻印も、目盛りの刻印もありません。


カーソルが交換されている可能性が高いと書きましたが、Paul Rossさんのウエブの情報によると改良A型カーソルは1934年以降に使用されていることとなっているのに対し、No.1/1は、1913年から1929年に製造されていることになっています。

更に、カーソルの側面の刻印を確認すると、

HEMMI No.1/1 カーソル

「* SUN * HEMMI」 と「SUN」にダブルクォートが無く、戦後のものと推測されます。

一緒に入手した箱はかなりくたびれてしまって、押し文字の色も無くなっていますが、丸みを帯びた形で古いタイプのものです。

HEMMI No.1/1 ケース

箱の裏には、ラベルが残っており、辛うじて型名 (No.1/1) と定価 (\7.80)を推測することができます。

HEMMI No.1/1 ラベル
  1. 2014/07/11(金) 01:06:44|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Hemmi計算尺 No.47 | ホーム | 朝モス (3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://blog.gwankai.net/tb.php/164-e7078b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (302)
ガジェット (176)
iOS (99)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (210)
舌下免疫療法 (15)
JAL/JGC (130)
ANA/SFC (19)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: