FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

ヘンミオーバーヘッドプロジェクター計算尺 DP121

オーバーヘッドプロジェクターって、わからない人もいるかもしれないのですが、一種の投影機です。A4ぐらいの透明なシートを使ってプレゼンテーションなどをスクリーンに投影するもので、私が就職した頃には盛んに使われていました。(最初は手書きでした!)

話がすっかりそれていますが、そのオーバーヘッドプロジェクターを使って、投影して使用するオーバーヘッドプロジェクター計算尺 DP121 です。

DP-121 表

No.P253 の表と裏が上下に表示されるようになっています。滑尺2箇所とカーソル1箇所に付いているつまみを使って動かします。

裏面です。

DP-121 裏

ネジがプロジェクターのガラスを傷つけないようにスペーサーが付いています。

青いマスクは「使用尺度だけをわかり易くするために不要な尺度をカバーする」ためのもので取り外し出来ます。

DP-121 表 マスク無し

ちなみに、私が所有する「6911」のデートコードが有るカタログに掲載されており、定価 ¥10,000 でした。

6911 カタログ 抜粋

同じカタログで、No.P253(DP121と同じ尺度の通常の計算尺)が定価 ¥2,400、No.2664S が定価 ¥2,200、No.260 が定価 ¥4,800 でした。

滑尺の左上に製造時期の刻印がありました。

DP-121 製造時期の刻印

刻印は「SK」ですので、製造時期は、1968年11月と考えられます。

計算尺にセットされていたマスクは①でしたが、それ以外②~⑤の4枚のマスク、説明書が付属しましたので、ケースと併せて追記で紹介します。


本体に装着されていたマスク①です。

DP-121 マスク ①

同梱のマスク②~⑤です。

DP-121 マスク ② DP-121 マスク ③
DP-121 マスク ④ DP-121 マスク ⑤

同梱の説明書です。何故か、説明書だけが「DP」と「121」の間に「-」があり、DP-121 になっています。

DP-121 説明書 1

説明書のデートコードは、「6911N1」でした。

DP-121 説明書 2

黒いハードケースに入ってきました。

DP-121 ケース

  1. 2016/04/02(土) 00:17:12|
  2. 計算尺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雲海に浮かぶ富士山 | ホーム | iOS 9.3.1 アップデート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://blog.gwankai.net/tb.php/456-7ce08321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (274)
ガジェット (167)
iOS (96)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (80)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: