FC2ブログ

徒然なるままに綴ってみました

当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)の無許可転載を禁止します。

DELL Inspiron 11 (3168) メモリー増設・SSD大容量化

家族がPCを買い替えて使わなくなった Dell の Inspiron 11 (3168) のメモリを 8Mバイト に増設、128GB と心もとないサイズの SSD を大容量のものに換装して自分用として使用することにしました。

まずは、PCを初期状態に戻します。

「設定」を起動し、「更新とセキュリティ」、「回復」と進みます。

設定

更新とセキュリティ

回復

「このPCを初期状態に戻す」を選択。

このPCを初期状態に戻す

何も残さなくていいので、オプションは「すべて削除する」です。

すべて削除する

ドライブのクリーニングは自宅使用なので必要なし。

初期化中

Windows 10 をインストールします。今回は、Windows 10 をクリーンインストール後の環境をそのまま新しい SSD に移行します。

今回、換装用に用意した 500GB の SSD Samasung 860 EVO と DDR3L 8GB のメモリーです。メモリーは、必ず、DDR3L (低電圧)対応のものが必要です。どちらも Amazon で購入しました。

購入したSSDとメモリー

860 EVO のパッケージの内容物です。

860 EVO の内容物

860 EVO には、ソフトウエアが付属しないので、必要なソフトウエアは、Samsung のサイトからダウンロードします。

換装に必要なのは、Data Migration Tool です。

Data Migration Tool

Data Migration Tool を起動します。

Data Migration Tool 起動

新しい SSD は、ケースに入れて、USB経由で、Inspiron 11 に接続します。ケースは、以前も使用した ORICO のSATA USB 3.0対応 の 2.5インチ の外付けのハードディスクケースです。

SSDは一旦ケースに入れ、PCにUSBで接続

860 EVO が入ったケースを、USB に接続すると、Data Migration Tool で認識されターゲットディスクとして表示されます。

SSD 接続

このまま、複製を開始します。

SSD 複製開始

ディスクの複製中です。

SSD 複製中

ディスクの複製は 50分 ほどで完了しました。

SSD 複製完了

これで、準備は終わりましたので、Inspron 11 の電源を落とし、分解に入ります。

長くなりますので、以降は追記に記載します。

なお、メモリー・SSD換装のために分解をすると、メーカーの保証・サービスが一切受けられなくなります。すべて、自己責任となります。追記を、読む前に、ご理解ください。

ご同意いただけない方は、追記に記載した記事をお読みにならないようお願い致します。

なお、当ブログの管理人は、分解・改造は行わないことをお勧めします。


外付けのパーツをすべて取り外し、裏面のネジを全て取り外します。Inspiron のロゴの近くにフタがあり、ネジが1本隠されていますのでフタを取り外してこの下のネジも忘れずに取り外します。

隠しネジ

フタは再利用できますので、なくさないように取っておきます。

ネジをすべて取り外しました。

ネジをすべて取り外す

ネジはなくさないように、取り外した場所がわかるように保管します。
私は、ダンボールに絵を書いて、外した場所に差し込んで管理しています。

ケースをこじ開けます。

ケースを開ける

最初に見たときは、裏側にある線のところから、パカっと開くのではと思ったのですが、これは飾りでした。

キーボード側にある線の部分から開けます。

私は、向かって左側の、USBコネクターの部分を爪で少し開け、そこに薄いプラスチックのカードを写真用に差し込み、外周に沿ってスライドさせて開けました。こじる必要もなく、パチパチと開き、ほとんど傷つきませんでした。後ろ側のディスプレイを支えるヒンジとヒンジの間は爪でこじると隙間が開く部分からカードの角を差し込みこじ開けました。

後ろ側

個人情報保護のため、カードは全面をぼかしてあります。カードに、隠しネジのフタが貼り付けてあります。

ケースが開きました。

ケースを開けた

今回は、電池が内蔵のため取り外していません。絶対に、ショートしないように注意して作業しました。(後から考えれば電池のコネクターを外せばよかったのですが。)

基板上にはメモリーのコネクターが一つしかありません。従って、今回は、4GB から 8GB への増設ではなく、4GB のメモリーを 8GB のメモリーに交換することになります。

メモリー

両サイトのストッパーを外すとメモリーがポップします。

メモリーを外します

4GB のメモリーを外します。

DDR3L ONLY の注意書き

「DDR3L ONLY」の注意書きが書かれていました。

交換用に購入した、DDR3L の 8GB のメモリーです。

交換用のDDR3L 8GB のメモリー

古い 4GB のメモリーと、新しい 8GB のメモリーを並べてみました。

4GBと8GBのメモリーを並べました

8GB のメモリーをコネクターに差し込みます。

8GBのメモリーを差し込みます

基板側に押し込んでストッパーで固定します。

装着

この時、切欠きがストッパーからずれている場合は、メモリーカードがコネクターにしっかりと装着させていない可能性が高いので、無理に押し込まず、もう一度コネクターへの挿入からやり直します。

これで、メモリーの増設(交換)は終了です。

続けて、SSDの換装にうつります。

SSD は、マウントの装着された上で、下の写真の3箇所のネジで固定されています。

SSDの固定ネジは3箇所

このネジを外します。一箇所は、フラットケーブルの下にありますので、ケーブルを傷つけたり、ネジを落としたりしないように細心の注意を払って外しました。3箇所のネジを外したら、SSDをずらして取り外します。

SSDは、4本のネジで両サイドからマウントに固定されていますので、このネジを取り外し、古いSSD を取り外します。

SSDのマウントフレーム

SSD のマウントは、底面がプラスチックのフィルムでした。

逆の手順で、マウントに、新しいSSDを固定し、コネクタに装着して、3本のネジで固定します。

以上で、メモリーと SSD の換装は終わりました。

換装終了

後は、裏蓋をはめ、ネジで固定し、隠しネジにフタをすれば完了です。

が、念の為、裏蓋をはめただけの状態で、動作を確認しました。

無事、Windows が無事起動し、メモリーも 8GB に増えていることが確認できました。

Windows が起動後、メモリーが増えてことを確認

もちろん、ディスク容量も増えています。

換装後のディスクC

換装は無事終了しました。

  1. 2019/01/04(金) 23:05:04|
  2. ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2019年、初フライト、初サーブ | ホーム | 2018年 JAL修行のまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://blog.gwankai.net/tb.php/911-5f0b4e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぐゎんかい

Author:ぐゎんかい
許可なく当ブログ内の記事(文章、画像を含む全て)を転載することを禁止します。
特に、まとめサイト、キュレーションサイト及びオークションを含む商行為への利用は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (278)
ガジェット (168)
iOS (98)
Android (54)
IP電話 (16)
計算尺 (209)
舌下免疫療法 (14)
JAL/JGC (82)
ANA/SFC (18)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: